WRCイタリア:競技2日目にヤリスWRCが合計4本のステージウィン、ラッピは3連続ベスト – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:競技2日目にヤリスWRCが合計4本のステージウィン、ラッピは3連続ベスト

 

6月9日(金)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリーイタリア・サルディニアのデイ2では、TOYOTA GAZOO Racing WRT勢はヤリ-マティ・ラトバラが総合4番手、ユホ・ハンニネンが同6番手、エサペッカ・ラッピが同8番手につけた。合計で8本のステージで構成されたデイ2のうち、ハンニネンがSS3で、ラッピがSS5、6、7でベストタイムを記録するなど、ヤリスWRCはタフなグラベルロードで高いパフォーマンスを発揮した。

この日は、デイ1の夜にパルクフェルメ(車両保管)が設定された島北東部のオルビアからスタート。島北東部アルゲーロのサービスパークでのデイタイムサービスを挟み、4本のステージを2ループする設定で走行した。晴天に恵まれたサルディニア島北部は気温がかなり上昇し、グラベル(未舗装路)のコースはほぼドライコンディション。路面は砂や浮き砂利で非常に滑りやすく、パンクの危険性が高い難しい走行条件となり、多くのラリーカーがアクシデントやトラブルに見舞われた。午前中は一時ラリーをリードし午後は総合2番手につけていたハンニネンも、この日最後のSSのフィニッシュ近くでスピンしたが、それでもヤリスWRCは3台が揃って全ステージを走破。合計4本のステージウィンを獲得するなど、実りある1日となった。

トミ・マキネン(チーム代表)
「気温の上昇はマシンだけではなく選手やタイヤにとっても厳しく、予想通りとても大変な1日となった。しかし、今日はとてもポジティブな1日でもあった。ユホは、最後のSSでスピンするまでは完璧に戦いを進めており、エサペッカは3本のSSベストタイムを記録した。そしてヤリ-マティは上位争いに加わっている。スタッフ全員の努力に感謝するとともに、それが報われることを期待している」

TOTOYA / @World

ヤリ-マティ・ラトバラ (#10 ヤリスWRC)
「朝のステージは道の表面が大量のルーズグラベルで覆われていたため、とても滑りやすく感じた。今日3本目のSSではサンプガードをヒットし、スターターモーターを破損してしまった。1度エンジンが止まると再始動できなくなるため、とにかくエンジンがストップしないように注意して走った。日中のサービスでの作業で問題は解消されたが、午後はボンネット上に留めてあったラリープレートが走行中に外れて目の前でバタバタと動き、少し気が散った。午前中のSSはやや浮き沈みが大きかったと思うが、午後のパフォーマンスには満足している。明日は白熱した戦いになると思うが、自信を持って戦い抜くつもりだ」

TOYOTA / @World

ユホ・ハンニネン (#11 ヤリスWRC)
「今日最後のSSのフィニッシュ近くでクルマのフロントセクションにダメージを受け、タイムをロスしてしまった。橋の近くでブレーキングをした際に、路面が非常に滑りやすかったためスピンして壁にフロント部分が当たってしまった。その結果ラジエ-ターパイプが破損したが、応急処置を施しサービスパークまで戻って来ることができた。スピンするまでは特に大きな問題もなく、調子も良かっただけに残念。今日は路面がとても滑りやすかったが、駆動力がしっかりと路面に伝わっていることを感じた。ダンパーの改善作業が、うまく行っているのだと思う。午後は路面がかなり荒れて、轍も深くなっていたので、注意深く走ったため、少しペースが落ちてしまった」

エサペッカ・ラッピ(#12 ヤリスWRC)
「今日のタイムは自分たちの予想以上で、とても驚いている。特に午前中のステージではセカンドギアが使えなくなっていたが、通常の6速ではなく5速でも十分に戦えるのではないかと思ってしまったほど。日中のサービスではクルマのセッティングを大きく変え、午後のステージではフィーリングがさらに良くなり、それが好タイムにつながった。午後のステージで左フロントダンパーが破損してしまったが、それまでは完璧だった。戦いはかなりハイレベルになっているが、何とかいいタイムをマークしようと努めている」

RALLY PLUS