WRCイタリア:ヤリスWRCは3台すべてがトップ5に上がって最終日を迎える – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCイタリア:ヤリスWRCは3台すべてがトップ5に上がって最終日を迎える

©TOYOTA

6月10日(土)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリーイタリア・サルディニアの競技3日目デイ3がサルディニア島の北部で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRT勢はヤリ-マティ・ラトバラが総合2番手、エサペッカ・ラッピが同4番手、ユホ・ハンニネンが同5番手につけ、全選手が前日よりも順位を上げた。

ラリー・イタリア サルディニアのデイ3は、島北東部アルゲーロのサービスパークを中心に6本、計143.16kmのSSで争われた。好天により気温はかなり上がり、乾燥したグラベルは滑りやすく、タイヤとブレーキに厳しい路面コンディションとなった。このため多くの選手がパンクやアクシデントに遭遇したが、ヤリスWRCを駆る3クルーは、大きなミスやトラブルなく6本のタフなSSを走破。ラトバラは、SS12で前を走っていたマッズ・オストベルグがパンクで遅れたためコース上で追いついてしまい、さらにダストによる視界不良でタイムをロスしたが、それでも順位を前日の4番手から、2番手に上がることに成功した。

TOYOTA

トミ・マキネン(チーム代表)
「今年もっともタフなラリーだと思われるサルディニアで、ヤリスWRCは全車が5位以内に入っている。選手とマシンの強さが証明された形だが、エンジニアとメカニックの貢献も忘れるべきではない。彼らはサービスの度に多くの作業をこなし、限られた時間内できっちりと仕事を終え、タイムペナルティを受けることなくマシンを送り出している。彼らの素晴らしい働きにも感謝している。今日もマシンに大きなトラブルはなく、パンクもなかったが、このラリーではこれが非常に重要であることは、周りの状況を見れば理解できるはずだ」

ヤリ-マティ・ラトバラ (#10ヤリスWRC)
「今日最後のSSではタイヤが完全に摩耗し、ブレーキ温度も上がった。それ以外はうまく行き、コースに合わせてマシンを改善することができた。午前最後のSS12では、パンクして遅れた他のマシンの後ろをしばらく走り、ダストの中で前が見えず10秒程度をロスした。すぐ後ろを走る自分たちに気がつかなかったようだが、決して少なくないタイムロスなので、チームとして主催者にアピールを行った。失ったタイムを少しでも取り戻せればいいと思う」

TOYOTA / @World

ユホ・ハンニネン (#11ヤリスWRC)
「最後のステージで、スピンした際にパワーステアリングに問題が起こりタイムをロスした以外はいい1日だった。午後のステージでは、タイヤに大きな負担をかけないように全開アタックを控え、タイヤをうまく持たせるように気をつけて走った。路面が荒れると予想して、日中のサービスで車高を上げて足回りを硬めにしたが、それは正解だったと思う」

TOYOTA / @World

エサペッカ・ラッピ(#12ヤリスWRC)
「今日は出走順が3番手だったので、路面に滑りやすいルーズグラベルが多く、それを掃除しながら走るのは大変だった。自分にとっては新しい経験だったが、多くを学べたのはいいことだと思う。思い切り攻めるのではなく、ミスのないスムーズな走りを心がけた。午前、午後の両方でループの終盤が近づくにつれてブレーキが厳しくなっていったので、クルマに問題が起こらないように、かなり注意深く走った。また、午後は気温が上がり、路面がザラついてタイヤには厳しいコンディションとなったので、タイヤを労って走ったが、正しい判断だったと思う」

RALLY CARS