WRCスペイン:デイ2 チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ2 チームコメント

 

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
ヤリマティ・ラトバラ/総合首位
「もちろんデイ2を終えてリードに立ててうれしいよ。でも、路面はアスファルトからグラベルに変わる。後続のために理想的なラインの砂利を履かなくてはならないので、気楽な状況ではないよ。それでも、戦略的にロスをすることなど1秒も行わず、それどころか自分たちのリードを守ることを目指した。明日は天気が後押しになって、ウェットによってグリップが向上してくれるといいね。少なくとも午前中は特にね。まだ4人のドライバーが優勝争いに残っているので、間違いなくエキサイティング名バトルになる。走り続けたいなら、100%を尽くさなくてはならないね」

セバスチャン・オジエ/総合4位
「今日はSS6まではかなり順調だったが、15kmのところで左フロントがパンクした。これで50秒ロスした。明日のグラベルでは後方からスタートできるアドバンテージは得られるけど、意図的に狙ったことではないよ! いずれにしても、明日は上位に居続けることは簡単ではないが、あきらめはしない。明日は迷いなく100%でアタックしていく」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
ダニ・ソルド/総合2位
「ここまでいいレース展開をしていると思うし、ヤリマティの後ろに留まるという目的を果たすことができた。それでも、最終的に上位に残ったヌービル、オジエ、ヒルボネン、ノビコフまではそれほど離れていない。誰がベストの位置なのかは難しいところだが、明日はとにかくできる限りハードにプッシュしなくてはならないということは分かっているよ! グラベル路面はあまり好きではないから難しいけれど、優勝を目指して挑む」

ミッコ・ヒルボネン/総合5位
「Colldejouでは慎重になりすぎて数秒ロスしたかもしれないが、総合的にはいい一日だった。明日はいい走行順につけた。失うものは何もないから、一歩も引かず、ポディウムフィニッシュを目指す。上位6人全員に、そのチャンスがあるよ」

[カタールWRT]
ティエリー・ヌービル/総合3位
「午前中は差を詰めようとしたけれど、うまくセッティングが合わなかった。チームと話して、日中サービスで変更を行った後はすぐにフィーリングがよくなって、前戦までのような自信も取り戻せた。これで、ほかのドライバーたちとも争いやすくなったし、パワーステージでの3ポイントは、選手権の面ではとても重要だ。明日はまた一から始まる。もしヤリマティが25ポイントフルで獲ったら、午後のパワーステージのポイント(3番手タイムで1ポイント)を追加すると、僕は選手権争いでかなり詰められることになる。明日は賢明になって、ヤリマティやダニとの差を詰めることと、コースに留まることの間で、よくバランスを取らなくてはならない」

[カタールMスポーツWRT]
エフゲニー・ノビコフ/総合6位
「午後はもう少しプッシュすることができたし、タイムにもハッピーだった。舗装ステージの内容には満足していいと思うし、明日はとにかく攻め続けて様子を見るよ」

マッズ・オストベルグ/総合7位
「今日はかなり内容がよくなった。午前中は今ひとつだったけれど、セッティングを変えたらすぐに自信を取り戻せた。できればあの状態からスタートしたかったけれど、いい形で一日を終えられたし、明日のことを考えるとワクワクするよ。戦略は何もない。リザルト面では、自分たちにできることはあまりないけれど、いいタイムをマークして自分たちがコンペティティブであることを示すために、プッシュしていくよ」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ2]
アンドレアス・ミケルセン/SS4でデイリタイア
「SS4の前半を過ぎた辺りで、アンダーステアが出てスリッドオフしてしまった。それだけなら小さなミスだったけれど、ディッチで大きな石にヒットしてしまった。それで、サスペンションが破損し、車載していたパーツをたくさん交換した。残念ながら、時間までに次のステージのスタートに着くことができなかった。明日はグラベルになるが、今日リタイアしたことでWRC陣の後方からスタートすることになる。順番としてはいい位置になるので、明日はいいSSタイムを出せるといいね」

RALLY PLUS