WRCスペイン:デイ1 チームコメント – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:デイ1 チームコメント

 

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ]
セバスチャン・オジエ/総合首位
「いいラリーの滑り出しだ。今晩の最初のステージは、なぜだか抑えたアプローチになってしまったが、その後は完璧な仕事ができた。このスペインでは、純粋にラリーを楽しみたい。そのためには、全開で行くのみだ。明日の目標は、できる限りリードを広げて、日曜日にグラベルに戻った時のチャンスを高めることだ」

ヤリマティ・ラトバラ/総合2位
「暗闇の中でのスタートからすぐにスピードを出さなくてはならなかったので、初日の内容には喜んでいいと思う。しかし、なんのトラブルもなく、リズムもよかった。特に今日最後のステージは楽しめたし、自分も乗っていた。このラリーでいい結果を収めるには、安定して速さを出すことが必要だ。これは、舗装で走る土曜日、グラベルに戻る日曜日でも、自分たちのゴールに変わりはない。このスペインでの変則的な流れは、今晩の夜のステージのように自分たちにとっても特殊なチャレンジだ」

[シトロエン・トタル・アブダビWRT ]
ダニ・ソルド/総合3位
「今晩はすべてが順調に進んだ。このようなステージを夜走れたのは、最高だったね。SS3では、もう少しタイムをロスしてラトバラが僕の上に上がってくれたほうがよかったね。そうすれば、レグ3のスタートポジションを選びやすくなった。こうした戦略はあまり好きではないけれど、レギュレーションによってはこうしたことをせざるを得ないこともあるんだ」

ミッコ・ヒルボネン/総合5位
「浮き沈みが激しかった。SS1はいい滑り出しだったが、次のステージではリズムをつかむのに苦戦した。最初のステージでは少し早くなったので、上位陣に食い込む事ができた。このような安定したコンディションは好きなので、明日のステージが楽しみだ」

[カタールWRT]
ティエリー・ヌービル/総合4位
「厳しい内容になり、セッティングでもペースノートでも100%の自信が得られなかった。間違いなくかなりタイムをロスしたが、これが精一杯だったと思うし、明日はがんばってセッティングを変えるので、改善していきたいね」

[フォルクスワーゲン・モータースポーツ2]
アンドレアス・ミケルセン/総合6位
「最初の2本は慎重すぎたのかもしれない。でも楽しめたよ。ポロのセッティングは完璧。これまでにドライブした中で最高の舗装マシンだね。3本目のステージはお気に入りだし、今日もとてもうまく走れた。リズムをつかんでいるので、明日もいい一日にしたいね」

[カタールMスポーツWRT]
エフゲニー・ノビコフ/総合7位
「今晩はまずまず。ナイトステージは久しぶりだったので、暗闇の中での走行は楽しかったね。2本目では、ティリーのスプリットに近づいていったので、全て順調だし明日も楽しみにしている」

マッズ・オストベルグ/総合8位
「チャレンジングな初日だったけれど、走り切ったことが大切だ。ギアチェンジに手こずっていたのだけど、テストではうまくいっていたギアボックスが今晩は調子がかみ合わなかったのだと思う。明日はよくなるといいね」



ワールドラリーカレンダー2018
RALLY PLUS