サイバーフロント、「WRC 4」を2014年2月6日に発売予定 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

サイバーフロント、「WRC 4」を2014年2月6日に発売予定

 

サイバーフロントは、WRC公認ラリーゲーム「WRC 4 FIA ワールドラリーチャンピオンシップ」を2014年2月6日に発売する予定だ。価格はPS3版が6980円(DL版6500円)、PS Vitaカード版が5980円(DL版5500円)。

「WRC 4」は2013年のチャンピオンシップを対象として、選手、マシン、開催ラウンドなどを再現。シングルラリー/シングルモードに加えて、第2作「WRC 2」で好評だった下位カテゴリーからステップアップしていく「キャリアモード」を収録。実在のチームが登場するだけでなく、自分の部屋やラリーカーを修理できるサービスパークなど、新たなシステムが盛り込まれている。

グラフィック面も大幅に改善されており、早朝・夕方などの時間帯も再現。自然の風景や土埃などの遠景も進化し、車体の挙動やモデリングも向上。よりリアルなWRCを体感できる。

収録車種はワールドラリーカー、S2000、R5、RRCなど16車種。日本のスバル・インプレッサWRX STI、三菱ランサーエボリューションIX/Xなどのほか、2014年からWRCに本格参戦する予定のヒュンダイi20 WRCテストカーも収録。いち早く最新ラリーカーで遊ぶことができる。

なお、前作「WRC 3」と同様、RALLY PLUS.NET編集部がゲーム内の用語監修を担当。早期購入特典として、「WRC 4」をより楽しむためのスペシャルブックレットがもらえる。

RALLY PLUS
RALLY PLUS