ランチアの名チューナー、ジュゼッペ・ボルタが事故死 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ランチアの名チューナー、ジュゼッペ・ボルタが事故死

©rallylife.cz

ランチアの名チューナーとして名を馳せたジュゼッペ・ボルタが、イタリア・キバッソの高速道路で事故死した。71歳だった。小さな衝突に巻き込まれて手続きを行っている最中に、抜いていく車両に衝突されるという不運な事故だった。

すでにセミリタイアしていたボルタは、1980年代にランチアのチューナーとして活躍し、彼がプリペアしたラリー037は、イタリアを代表する数々の名ドライバーが運転した。元々はオゼッラに所属していたボルタは、シェブロンスポーツやプロトタイプをプリペアする自身のビジネスを立ち上げた後、フィアット・アバルト131ラリーなどを製作していたアバルトに移った。その後、ラリー037でのラリー活動で急成長するプライベートチームに関わった。グループB終焉後は、ランチア・デルタ・インテグラーレ、フォード・シエラ・コスワース、BMW M3グループAの仕事に関わり、最近ではヒストリックイベントのレジェンドラリーで活躍していた。同僚たちは、ボルタをラリーへの情熱の深い素晴らしいラリーストだったと讃え、冥福を祈った。

(Martin Holmes)



ワールドラリーカレンダー2021発売中!!