新型フィエスタ、2月1日(土)より発売開始 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

新型フィエスタ、2月1日(土)より発売開始

 

3気筒、総排気量997ccの「1.0L EcoBoostTM」エンジンを搭載
低速時自動ブレーキシステムなどの安全装備も充実

フォード・ジャパン・リミテッド(本社:東京都港区虎ノ門4-3-13、代表取締役社長:森田 俊生)は、フォードが『One Ford』戦略のもと、グローバル・プロダクトとして世界中で展開するコンパクトカー、フォード・フィエスタを2014年2月1日より発売開始する。

新型フィエスタには、3気筒、総排気量997ccのフォードのガソリンエンジンのラインアップの中で最もコンパクトな、「1.0L EcoBoostTM」を搭載。気筒内直接燃料噴射、Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)に先進のターボ・テクノロジーを組み合わせ、優れた燃費性能と動力性能を両立。2年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞するなど、世界で最も優れたエンジンとして高く評価されている。このエンジンに最新のデュアルクラッチ・テクノロジーを採用したトランスミッション「6速PowerShiftTM」を組み合わせ、最高出力は74kW(100ps)/6000rpm、最大トルクは170Nm(17.3kgm)/1400-4000rpmを発生、燃費性能はJC08モードで17.7km/Lを実現している。

エクステリアには、これまでの「キネティック(躍動的な)デザイン」をさらに進化させた、フォードの新世代のグローバル・デザインテーマ“New Global Design Language”を反映。クロームバーが配された特徴的な一体型の台形グリル、シャープに切れ上がったヘッドランプ、フロントからリアに向かって一直線に貫かれたベルトラインとプレスライン、そしてジュエリーのように立体的なテールランプなどにより、フィエスタの持つ優れたドライビング・ダイナミクスを、より美しく、より力強く表現している。

インテリアもエクステリアと調和させ、先進的なデザインでありながら、快適で高い質感を感じる空間に仕上げた。電子デバイスやハイエンドな家具から得たインスピレーションを活かしてエルゴノミクスに優れた操作性を実現したほか、クラストップレベルのクオリティ・スタンダードの確立を目指し、インテリアパネルの仕上げやシートデザイン、マテリアルに至るまで高いクラフトマンシップを追求している。また、デジタルオーディオプレーヤーやBluetooth®対応の携帯電話を車両と接続することで、ステアリングに装備されたスイッチもしくは音声(英語)での操作が可能な「SYNC®」を採用したほか、8スピーカー・プレミアムサウンドシステム、オートスピードコントロール、オートエアコンも標準装備して、クラスを超えた快適なドライブ空間を実現している。

安全性においては、前方衝突の回避をサポートする低速時自動ブレーキシステム「アクティブ・シティ・ストップ」や、フォード独自の車両安定化技術「アドバンストラック®」など先進の安全装備を標準装備したほか、坂道発進時等に車両の後退を防ぐ「ヒルスタート・アシスト」や後退時に、ディスプレイに後方の映像を映し出す「リアビューカメラ」など、ドライバーをサポートする装備も充実させている。万が一の事故の際でも、衝突の衝撃から乗員を守る高剛性ボディに加え、ドライバーの脚部を保護するSRSニーエアバッグを含めた7つのエアバッグを標準で装備している。

フィエスタは、1976年に欧州で初代モデルがデビューして以来、累計販売台数が1500万台を超えている。現在では世界140カ国以上で販売しており、2012年の販売台数は72万3130台を記録し、ベストセラーサブコンパクト(Bセグメントカー)に輝いている(※)。

フォード・ジャパンはフォードのブランド・プロミス「Go Further」のもと、2013年はグローバル・プロダクトである新型フォーカス、新型クーガを導入してきた。2014年も新型フィエスタを導入し、これまで以上に魅力的な商品とサービスの提供、フォード・ブランドのさらなる強化と日本におけるビジネスの成長を加速させていきたいと考えている。

※単一車名別 2013年4月Polk社調べ

【全国希望小売価格(消費税込み)】
2,290,000円(メタリックカラーは6万円アップ)



RALLY CARS
ワールドラリーカレンダー2018