新井、勝田、奴田原、モリゾウがトークショーで競演 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

新井、勝田、奴田原、モリゾウがトークショーで競演

 

 1月10日に千葉県幕張市の幕張メッセで開幕した東京オートサロン。アフターパーツの出展に加え、モータースポーツ各界からも参戦体制発表会などが相次ぐなど、シーズン始動に向けて様々なイベントが展開されている。

 北館に出展しているトヨタ/ガズーレーシングのステージでは、ラリートークショーが開催。スバルWRX STI R4でERCに参戦した新井敏弘、全日本4連覇を果たした勝田範彦/足立さやか組、三菱ランサーエボリューションを乗り継いで国内外で活躍を続ける奴田原文雄、昨季はトヨタ86でTRDラリーチャレンジにフル参戦しタイトルも獲得したモリゾウこと豊田章男トヨタ自動車社長と、メーカーの枠を超えたトップラリーストが集結。TRDラリーチャレンジでラリー初参戦に挑戦したヴィッツレディや、タレントでラリーにも挑戦する哀川翔氏も飛び入り参加するなど豪華な顔ぶれとなった。

 インカー映像や、ドライバーとコ・ドライバーがどんな役割を持っているかなど、現場に即したラリーの解説も行なわれ、ラリーの楽しさを伝えるトークショーとなった。世界タイトルを獲得した新井と、ラリー参戦2年目のモリゾウだが、いずれも「ドライバーとコ・ドライバーの波長は大事」と意見が一致したり、国内ラリーストとの親交も深い新井が勝田とトークバトルを展開するなど、会場は大いに盛り上がった。

 一方、今季の参戦プランが気になる新井からは、全日本への参戦を視野に入れているという発言も見られた。 

RALLY CARS