イヌスケのホゲホゲ日記番外編:WRCドイツから現地写真が届きました – RALLYPLUS.NET ラリープラス

イヌスケのホゲホゲ日記番外編:WRCドイツから現地写真が届きました

©RALLY PLUS

 週明けの台風9号襲来でたいへんな状況となってますね。編集部のある川崎周辺は小康状態になっていますが、まだまだ予断を許さない状況のようですので、くれぐれもご注意を……。

 さて、WRCには先週ビッグニュースが飛び込んできました。イヌスケが密かに取材を目論んでいた(断念したけど)ラリーチャイナのキャンセルが決まりました。なんでも水害によるステージのダメージが酷いようで、主催者としては苦渋の決断となったようです。久々のアジアでのWRC開催、しかもターマック。かなり楽しみにしていたので本当に残念です。来シーズンのカレンダーに残るのか現時点では分かりませんが、今度こそ取材したいものです。

 そして、先週末はWRC第9戦ラリードイツが開催されました。実はWRC初開催のドイツが自分のWRC初取材だったこともあり、並々ならぬ思い入れがあったりします。っていうか、2002年だから、もう14年前ですよ(笑)。このイベントでセバスチャン・ローブがWRC初優勝を達成したんだよなぁ……。現地では何をしていいのか分からないし、今まで雑誌やテレビで観ていたドライバーが目の前にいるしで、やたら緊張していたのを覚えています。

 今回、編集部から現地取材に行っているんですが(某チームのファクトリー取材があったりなかったり……?)、送られてきた写真がどれもこれもとにかく懐かしくてね……。おなじみ軍事演習場のバウムホールダー(SSSアレーナ・パンツァープラッテ)は、観戦エリアも広く取られているし、出店もいっぱい。ラリーの拠点となるトリアーは欧州各地からのアクセスがいいため、各国ファンのすさまじい応援合戦が繰り広げられます。あの盛り上がり、また味わいたいなぁ。コンクリート路ゆえに、雨が降るとクラッシュ多発でたいへんなことになるんですけどね。

【1】プジョーラリーアカデミーからはR5のT16とR2の2台が参戦(写真はR2)。紺/赤のツートンカラーはプジョー・スポールのイメージカラーと合わせてあります。

【2】サービスパークには大型ビジョンが設置されていて、WRC+の画面などが流されていました。ライブで世界中見られるなんて、すごい時代になったものです。

【3】オフィシャルカーの1台として走ってきたのは、ホンダ・シビック・タイプR R3! このほかゼロカーとして、往年のゴルフ2や、ラリプラ本誌で登場したタマラちゃんのアダムR2も活躍しました。

【4】今年からWRCのオフィシャルパートナーに名を連ねるドローンのdjiもブースを展示。テントの中ではデモンストレーション飛行が行われて注目を集めていましたよ。

【5】バウムホールダーにはシミュレーターも登場していました。モジュールの中に入って走行映像と一緒にドコドコ動くヤツです。おひとり様1回5ユーロなり。

【6】相変わらずギャラリーの多さはすごいですね。肌寒いような天気にもかかわらずビールはバカ売れしていたとのこと。いやはや……。

 そうそう今回のドイツで、ついにというか、ようやくというか、フォルクスワーゲンを率いてきたヨースト・カピートが、WRCでの活動を終えました。チームからもケーキを盛大にぶつけられて、手荒い見送りをされたようです。WRCでフォルクスワーゲンを最強軍団へと導いた人だけに、これからマクラーレン・ホンダでどんな手腕を見せてくれるのか、楽しみです。とにもかくにも、これまで4年間、ご苦労様でした!

 そして、今週末は全日本ラリー選手権第6戦「モントレー2016 in 嬬恋」ですよ! もちろん現地でがっつり取材予定ですし、「イヌスケのホゲホゲ日記」もたっぷり更新しますよ~。ぜひラリプラのTwitterアカウント(@rallyplus)をフォローしてくださいませ。もちろんサービスパークには、ラリプラ&PDブースが登場します。今回は「ワールドラリーカレンダー2017」の予約販売もスタートします。そのほか趣向をこらした楽しいブースでお待ちしています。

 昨年は雨でたいへんなことになったモントレーでしたが、今年は良い天気になりますように……。というわけで、会場にお越しの際は、必ずラリプラ&PDブースにお立ち寄りを! 



ヘルメットのペイントはじめました!