GRCデイトナ:第4戦はフォード、第5戦はフォルクスワーゲンが1‐2フィニッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

GRCデイトナ:第4戦はフォード、第5戦はフォルクスワーゲンが1‐2フィニッシュ

©REDBULL

グローバル・ラリークロス・チャレンジは6月18−19日、米国フロリダ州デイトナ・インターナショナル・スピードウェイにおいて、第4戦と第5戦がダブルヘッダーで開催された。

REDBULL

REDBULL

18日に行われた第4戦は、ファイナルのスタート前に雷雨が襲いスタートが遅延。ウエット路面となったコースでは、タナー・ファウスト(フォルクスワーゲン・ビートル)がスピンを喫してコントロールを失い、パトリック・サンデル(フィエスタST)にヒット。ここでスコット・スピード(ビートル)が首位に立ったが、終盤でコースアウトを喫した結果、チップ・ガナッシ・レーシングのスティーブ・アルピンとブライアン・ディーガン(フォード・フィエスタST)が1‐2フィニッシュを決めた。アルピンはGRC初優勝。

ファウスト、スピード、サンデルはいずれも夜を徹してマシンを修復し、19日の第5戦に臨んだ。3人は揃って予選ラップをトップ6で通過。このファイナルでは、スピードが6コーナーでタイヤバリアに引っかけて再スタートとなるハプニングが発生。しかし、再スタートが順調に決まると、ファウストが首位を快走。チームメイトのスピードは、1ラップ目で4位に上がると、ジョーカーラップを終盤に選択した戦略が功を奏して、2位でのフィニッシュを決めた。ファウストはこれで今季3勝目となり、ドライバーズ選手権でのリードを広げた。

GRC第4戦デイトナ(I)結果
1 S.アルピン(フォード・フィエスタST)
2 B.ディーガン(フォード・フィエスタST)
3 S.エリクソン(シビック・クーペ)
4 J.ウィマン(シビック・クーペ)
5 J.ワードフォード・フィエスタST)

GRC第5戦デイトナ(II)結果
1 T.ファウスト(フォルクスワーゲン・ビートル)
2 S.スピード(フォルクスワーゲン・ビートル)
3 S.エリクソン(シビック・クーペ)
4 J.ウィマン(シビック・クーペ)
5 B.ディーガン(フォード・フィエスタST)

RALLY PLUS