GRCメンフィス:スバル勢2台が揃ってファイナル進出、優勝はスピード – RALLYPLUS.NET ラリープラス

GRCメンフィス:スバル勢2台が揃ってファイナル進出、優勝はスピード

©subaru.com/rally

米国を拠点とするラリークロスシリーズ、グローバル・ラリークロス選手権(GRC)の2017年シーズンが4月28日、メンフィス・インターナショナルレースウェイで開幕。スバルラリーチームUSAから初めてGRCフル参戦に挑むクリス・アトキンソンも、パトリック・サンデルとともに今季緒戦を迎えた。

2台の2017年型スバルWRX STIラリークロスは大幅な改良を施しており、チームとドライバー陣は初めての実戦でのパフォーマンスに注目していた。初日はまずまずの走りを見せたものの、ダートセクションでの超ラフなコンディションではやや苦戦。
「グラベルセクションはとても難しく、非常にラフだった。1コーナーをクリアするだけでも、とにかくビッグチャレンジだ」とアトキンソン。

subaru.com/rally

アトキンソンとサンデルは、ファイナルでは揃って3列目からスタート。滑り出しは順調に決めたものの、最初に迎える左コーナーでは、サンデル、アトキンソン、スティーブ・アーピンが近距離に迫った。サンデルはアトキンソンのマシンに突っ込み、そのままリタイア。赤旗が出たために、レースは再スタートとなった。仕切り直しとなったファイナルでは、6位を走行していたアトキンソンは5位に浮上したが、その後、電子系トラブルが発生。最終的にアトキンソンは8位、サンデルは9位でのフィニッシュとなった。

VOLKSWAGEN

このファイナルでは、2016年チャンピオンのスコット・スピードが優勝。チームメイトのタナー・ファウストが2位に続き、フォルクスワーゲン・アンドレッティ・ラリークロスチームが1‐2フィニッシュを果たした。
「他のどのドライバーよりも、GRCで自分の名前が一番多く勝者として刻まれるのは、もちろん素晴らしいことだ。でも、それは素晴らしいチームがあってこそ。冬のブレークの間、みんなが素晴らしい仕事をしてくれた」とコメントを寄せた。

2017年GRC開幕戦メンフィス ファイナル結果
1 S.スピード(フォルクスワーゲン・ビートル) 10:14.090
2 T.ファウスト(フォルクスワーゲン・ビートル) 10:14.521
3 S.アーピン(フォード・フィエスタST) 10:15.543
4 M.デジョン(ホンダ・シビック) 10:20.394
5 O.エリクソン(ホンダ・シビック) 10:44.499
ーーー
8 C.アトキンソン(スバルWRX STI) DNF
9 P.サンデル(スバルWRX STI) DNF

RALLY PLUS