【動画】WRCポルトガル:事前情報 予測不能の難関グラベルラリー – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【動画】WRCポルトガル:事前情報 予測不能の難関グラベルラリー

©VOLKSWAGEN

昨年、昔馴染みの北部に拠点を戻したラリーポルトガルは、今年もポルト近郊のマトシンヨスを拠点に、WRCヨーロッパグラベル連戦の緒戦を務める。1967年に初開催を迎えた同イベントは、1973年にWRCが創設された際にカレンダーに組み込まれていたラリーの一つ。独特のステージと情熱的なファンが作り出す雰囲気は、伝説の一戦として知られてきた。

このポルトガル戦は、ジュニアWRC勢にとって今季最初のグラベル戦。11クルーが、シトロエンDS3 R3-MAXのワンメイクシリーズに挑む。WRC、WRC2、WRC3も加えたエントリーは81台に及ぶ。ジュニアWRCは全6戦で構成され、2017年にDS3 R5で6戦参戦する座をつかむために、熾烈なタイトル争いが繰り広げられる。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

■2016年のルート
今年、全く新たに設定されるステージは1本のみ。ポルトで行われる1.85kmのストリートステージは、金曜日の夜に2回走行する。この他、日曜日のVieira do Minhoのうち、6.52kmが新設区間だ。

イベントは木曜日にグイマラエスにある中世時代の城付近で公式スタートが行われた後、ルーサダのラリークロスサーキットでショートのスーパーSSを走行。金曜日はスペインとの国境に近いエリアに北上する。土曜日はイベント最長となる計165.28kmのステージを走行。対して日曜日は距離こそ一番短いが、伝統のファフェステージが登場する。数々のクレストをクリアした後、フィニッシュ付近に待ち受ける豪快なジャンプは、このラリーおなじみのハイライト。大勢のファンで盛り上がる。

■ラリーデータ
開催日:2016年5月19-22日
本拠地:マトシンヨス
総走行距離: 1,683.90 km
総ステージ走行距離:368.00 km (SS比:21.85%)
総SS数:19

■開催選手権
WRC
WRC2
WRC3
JWRC

■歴史
・初開催は1967年。1973年のWRC創設時にもカレンダーに組み込まれた。
・当初はミックス路面のラリーだったが、その後グラベル戦に変更。しかし2001年に悪天候のために波乱まみれの開催となった後、一時カレンダーから外された。2007年に、本拠地をリゾート地のアルガルベに移してカレンダーに復帰。
・これまでに「ベスト・ラリー・イン・ザ・ワールド」を5回受賞している。

■注目ポイント
・なんといってもファフェのステージ。大観衆が盛り上がる中、豪快なジャンプでマシンが飛び込んでくる、まさに息を飲むような光景だ。
・昨年のポルトガルのウィナー、ヤリ‐マティ・ラトバラは、フォード・フォーカスRS WRCで参戦した2009年に17回転しながら丘を転がり落ちる大クラッシュを喫している。

■ラトバラ転倒動画

ヘルメットのペイントはじめました!