WRCアルゼンチン、デイ1を終えてラトバラがリード – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCアルゼンチン、デイ1を終えてラトバラがリード

©VOLKSWAGEN

WRC第4戦アルゼンチンは、SS8までを終えてフォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラが首位に立っている。総合2番手にはチームメイトのセバスチャン・オジエ、3番手にはヒュンダイのヘイデン・パッドンがつけている。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

21日木曜日の夜には、SS1としてコルドバでスーパーSSが行われた。このステージはヒュンダイのダニ・ソルドとオジエが同タイムで制し、3番手にはフォード・フィエスタRS WRCを駆るオット・タナクがつけた。

明けて金曜日、本格的なSSがスタート。SS2こそオジエが制したものの、スタート順の影響も大きいためか、その後のタイムは奮わず。後方からのスタートとなるチームメイトのラトバラはSS3〜4で連続ベストタイムをたたき出し、SS4で総合首位の座をオジエから奪う快走を見せた。ラトバラはSS3〜4のリピートステージとなるSS7〜8もベストタイムでまとめている。

HYUNDAI

HYUNDAI

この日、奮闘を見せたのはヒュンダイのパッドンだ。パッドンはスタートから常にSS上位タイムをマークし続け、SS6ではベストタイムも獲得。オジエと僅差のスクラッチバトルを展開したが、この日最後のSS9で一番時計のオジエに4.1秒の差をつけられ、総合2番手の座を奪われてしまった。

その一方、奮わなかったのがMスポーツ勢で、エースのマッズ・オストベルグでもSS6番手タイムを出すのがやっとという状況。この日を終えて総合6番手につけたものの、首位ラトバラとの差は2分7秒9と大きく開いてしまっている。

M-SPORT

M-SPORT

デイ2はSS10〜15の6SS。なかでもSS11/14のLOS GIGANTES – CANTERA EL CONDORは、38.68kmというラリー最長のステージであり、勝敗を分ける大きな山場となりそうだ。SS10は日本時間の23日20時58分スタート予定となっている。

順位ドライバーマシンタイム/差
1ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC1:26:31.3
2セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+7.9
3ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+11.4
4アンドレアス・ミケルセンフォルクスワーゲン・ポロR WRC+25.7
5ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+49.0
6マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+2:07.9
7ヘニング・ソルベルグフォード・フィエスタRS WRC+4:04.4
8エリック・カミリフォード・フィエスタRS WRC+5:33.8
9マルコス・リガトシトロエンDS3 WRC+6:05.1
10ティエリー・ヌービルヒュンダイi20 WRC+7:34.4
ワールドラリーカレンダー2019