[更新]WRCメキシコ:ヤリ‐マティ・ラトバラが今季初勝利! – RALLYPLUS.NET ラリープラス

[更新]WRCメキシコ:ヤリ‐マティ・ラトバラが今季初勝利!

©VOLKSWAGEN

WRC第3戦メキシコは、フォルクスワーゲンのヤリ‐マティ・ラトバラが今シーズン初優勝。WRCでの通算16勝目を獲得した。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

競技最終日に行われたのは、80kmのSS20と、16.47kmのSS21パワーステージのふたつ。前日までの段階で、首位ラトバラと2番手セバスチャン・オジエとの差は1分35秒7と大きく開いているが、80kmという長丁場のステージでは何が起きても不思議ではない。このステージはいくつかのSSを組み合わせて構成されており、マシンやタイヤだけでなく、ドライバーやコ・ドライバーにも大きな負担のかかるステージだ。出走順は前日までの順位をもとに、オジエが9番手、ラトバラが10番手。ふたりとも条件はほぼ同じと言える。

HYUNDAI

HYUNDAI

SS20でのベストタイムはオジエが獲得。ラスト25kmでブレーキトラブルが出たため攻め切れなかったと語るも、SS2番手のラトバラを25.3秒上まわる48分06秒8でフィニッシュしてみせた。SS2番手となったラトバラも、60kmをすぎた辺りでリヤブレーキの利きが悪くなったためにペースを落としたと語っている。これでふたりの差は1分10秒4。最終SSで何か起こらないかぎり、ラトバラの優勝はほぼ見えた。

HYUNDAI

HYUNDAI

そして迎えたSS21パワーステージ。SS20に続いてこのSSを制したのはオジエだった。一方のラトバラはやや慎重に走りSS2番手で最終SSをフィニッシュ、今シーズン初の勝利を手中に収めた。

上位陣に大きな順位の変動はなし。優勝はラトバラ、2位にオジエ、3位はヒュンダイのダニ・ソルド、4位にMスポーツのマッズ・オストベルグ、5位はヒュンダイのヘイデン・パッドン、6位にDMACKのフォード・フィエスタを駆るオィット・タナックという順位となった。

WRC第4戦の舞台となるのは南米アルゼンチン(4月21〜24日)。初冬の山岳路を舞台として、熱戦が繰り広げられる。

[追記]
ダニ・ソルドは、タイヤ使用本数制限の違反により2分のペナルティが科された。このため、ソルドは総合4位に降格、3位にはMスポーツのマッズ・オストベルグが繰り上がった。

順位ドライバーマシンタイム/差
1ヤリ‐マティ・ラトバラフォルクスワーゲン・ポロR WRC4:25:57.4
2セバスチャン・オジエフォルクスワーゲン・ポロR WRC+1:05.0
3マッズ・オストベルグフォード・フィエスタRS WRC+5:36.4
4ダニ・ソルドヒュンダイi20 WRC+5:37.9
5ヘイデン・パッドンヒュンダイi20 WRC+6:22.6
6オット・タナクフォード・フィエスタRS WRC+9:59.5
7マルティン・プロコップフォード・フィエスタRS WRC+12:58.5
8ロレンツォ・ベルテッリフォード・フィエスタRS WRC+14:09.6
9テーム・スニネンシュコダ・ファビアR5+18:01.8
10バレリー・ゴルバンMINI JCW WRC+32:37.3
ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!