オジエとイングラシア、メキシコでWRC参戦100戦目 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

オジエとイングラシア、メキシコでWRC参戦100戦目

©VOLKSWAGEN

今週開幕のラリーメキシコで、フォルクスワーゲン・モータースポーツのセバスチャン・オジエとジュリアン・イングラシアは、WRC参戦100戦目を迎える。

2008年、このメキシコからWRCのキャリアを積み始めた2人は、この年のジュニアWRCでタイトルを獲得。そして3連覇王者として迎える今年は、再びこのメキシコが参戦100戦目という節目となった。

この3年、メキシコで勝利を飾っているオジエとイングラシアだが、特に昨年は絶妙のタイヤ選択と見事なコ・ドライビングで優勝をたぐり寄せた。

「今回のラリーメキシコは、自分にとってWRC参戦100戦目の記念すべきイベント。優勝できれば最高だが、簡単にはいかない。」とオジエ。

「自分のWRCキャリアは8年前、このメキシコでのジュニアWRC部門優勝で始まった。その時は夢が叶ったような気分だった。ここ3年、メキシコを制しているし、今年もそうなって欲しいと思うが、ジュリアンも僕も自信過剰にはならない。一戦一戦、始まる度に集中していく」

一方、ヤリマティ・ラトバラは開幕2戦でノーポイントと、今季も厳しい滑り出しを迎えている。しかし、今季最初のグラベル戦で走行順は8番手と、大きなアドバンテージが与えられる。

「メキシコのグラベルは細かいグラベル層に覆われているので、とてもスリッパリーだが、走行が重ねられればクリーンになって速度域も上がる。つまり、走行順が遅くなればアドバンテージになる」とラトバラ。
「モンテカルロ、スウェーデンでは運がなかった。もちろん、2戦連続で結果が芳しくないのは雰囲気としては悪い。特にシーズンの滑り出しではね。でも、前向きな姿勢を崩さない、後はよくなるだけだ。メキシコでの週末は、スムースに進めたいね」

ドライバーズ選手権で首位オジエに最も近い位置につけているのが、アンドレアス・ミケルセン。アンデルス・ヤーゲルとのコンビは今年から始まったばかりだが、早くもコンビでの初優勝を視野に入れている。昨年のスペインで自身初となるWRC優勝を経験したミケルセン。このメキシコでは昨年も3位に入っており、得意のグラベルで待望の2勝目を狙う。

「スウェーデンは計画通りには進まなかったが、今季ここまでの内容には満足している」とミケルセン。
「メキシコは素晴らしいイベントだし、またグラベルに挑むのを楽しみにしている。今年は80kmというロングステージが設定されている。こんなに長いステージは走った事がないが、アンデルスも僕も楽しみにしている」



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!