WRCモンテカルロ:シェイクダウン、トップタイムはミーク – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:シェイクダウン、トップタイムはミーク

©CITROEN

2016年WRC開幕戦ラリーモンテカルロは1月20日、ギャップ近郊の3.3kmステージでシェイクダウンが行われ、DS3 WRCのクリス・ミークがトップタイムを叩き出した。

VOLKSWAGEN

VOLKSWAGEN

3連覇チャンピオンとして地元凱旋を迎えるフォルクスワーゲン・ポロR WRCのセバスチャン・オジエは0.2秒差の2番手タイム、次世代型i20 WRCのデビュー戦に挑むヒュンダイ勢は、ダニ・ソルドがミークから3.4秒遅れながら3番手タイムをマークした。

マディな路面となったこのステージ、早めに1本目の走行に向かったミークがアドバンテージを活かした形だ。

「2番目か3番目に走ったが、路面にどんどん泥が出てきた」とミーク。「実戦のステージにはないような道だったが、それでも2回目も最速タイムだったからうれしいよ。何よりフィーリングがいい」

Mスポーツに返り咲いたマッズ・オストベルグは、9番手タイムと堅実な滑り出しとなった。

ラリーモンテカルロ シェイクダウンタイム
1 K.ミーク(シトロエン) 2:07.2
2 S.オジエ(VW) +0.2
3 D.ソルド(ヒュンダイ) +3.4
4 T.ヌービル(ヒュンダイ)  +3.8
5 A.ミケルセン(VW) +4.7
6 J-M.ラトバラ(VW) +5.4
7 R.クビカ(フォード) +5.9
8 S.ルフェーブル(シトロエン) +6.9
9 M.オストベルグ(フォード) +7.9
10 H.パッドン(ヒュンダイ) +8.1



ラリプラメンバーズ2019