WRC第10戦オーストラリア デイ2:TOP3が0.1秒以内、ソルドが首位も緊迫戦続く – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第10戦オーストラリア デイ2:TOP3が0.1秒以内、ソルドが首位も緊迫戦続く

 

 WRC第10戦、ラリー・オーストラリアのデイ2が9月5日(土)に行われた。この日は2本のスーパーSSを含む合計10本のSSが行われ、ダニエル・ソルド(シトロエンC4WRC)がトップに立った。2位は同タイムでセバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)とミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)。1位と2位の差はわずか0秒1と、緊迫した戦いが続いている。

 シリーズリーダーのヒルボネンにとっては厳しい状況となってしまった。選手権のライバルであるローブとは同タイムで、1位ソルドとの差もなきに等しい。しかしながら、最終日デイ3でヒルボネンは不利な先頭走者を担当することになってしまった。1日の最後にスーパーSSがある場合は、その前のSSの順位で翌日の出走順が決まる。
 そして、スーパーSSを前にトップに立っていたローブはタイムを調整してわざと遅れ、7番手タイムの総合3位にポジションダウン。ソルドが2位、ヒルボネンが1位となり、このオーダーでデイ3に出走することが決定した。出走順が確定するとローブはふたたびペースを上げてヒルボネンと同タイムの2位でデイ2をフィニッシュ。

 デイ3のステージもまた多くの部分がルーズグラベルに覆われており、3番手スタートのローブにとっては有利な、逆に1番手スタートのヒルボネンにとっては不利な展開となることが予想される。
 ヒルボネンにとっては、SS22までトップに立っていたチームメイトのヤリ-マティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)が、パンクで遅れて4位に後退したこともマイナスとなった。大事な局面で、またしてもラトバラはヒルボネンを守ることができなかった。ラトバラはローブ/ヒルボネンから44秒3と、大きく遅れている。

 なお、同時開催のPWRCではマルティン・プロコップ(三菱ランサーエボリューション)がトップに浮上。デイ1で8位と苦戦していた新井敏弘(スバル・インプレッサ)はセンターデフのセッティングがうまく行き順位を回復。4位にポジションを上げている。

Rally Australia – Day 2 standings
Overall times after SS25 / Day 2 – Top 20:

1. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC 1hr 52mins 28.1secs M
2. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 00.1secs M
= Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 00.1secs M
4. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 44.4secs M
5. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +00mins 46.2secs MT
6. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +02mins 42.4secs MT
7. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +02mins 43.2secs MT
8. Federico Villagra Munchi’s Ford Focus RS WRC +03mins 59.8secs MT
9. Hayden Paddon Mitsubishi Lancer Evo IX +09mins 16.0secs N4
10. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX +09mins 29.3secs P
11. Richard Mason Subaru Impreza WRX STI +09mins 47.6secs P
12. Cody Crocker Subaru Impreza WRX STI +10mins 25.7secs P
13. Toshi Arai Subaru Impreza WRX STI +11mins 19.5secs P
14. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +11mins 24.1secs P
15. Stewart Taylor Mitsubishi Lancer Evo IX +12mins 34.2secs P
16. Nathan Quinn Mitsubishi Lancer Evo IX +14mins 18.6secs N4
17. Brett Kipling Mitsubishi Lancer Evo IX +18mins 19.9secs N4
18. Matthew Selley Subaru Impreza WRX STI +19mins 08.5secs A8
19. Michael Kahlfuss Mitsubishi Lancer Evo VIII +20mins 38.9secs N4
20. Gianluca Linari Subaru Impreza WRX STI +23mins 00.7secs P

Overall PWRC after SS25 / Day 2:
1. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX 2hrs 01mins 57.4secs P
2. Richard Mason Subaru Impreza WRX STI +00mins 18.3secs P
3. Cody Crocker Subaru Impreza WRX STI +00mins 56.4secs P
4. Toshi Arai Subaru Impreza WRX STI +01mins 50.2secs P
5. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +01mins 54.8secs P
6. Stewart Taylor Mitsubishi Lancer Evo IX +03mins 04.9secs P
7. Gianluca Linari Subaru Impreza WRX STI +13mins 31.4secs P
8. Neal Bates Toyota Corolla S2000 +35mins 57.8secs P

Notable retirements:
SS5. Mark Tapper Mitsubishi Lancer Evo IX Rolled. P
SS7. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC Steering. A8*
SS7. Eyvind Brynildsen Mitsubishi Lancer Evo IX Engine. P
SS15. Chaodong Liu Mitsubishi Lancer Evo IX Roll-cage damage. P
SS19. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC Went off road. MT
SS20. Bernardo Sousa FIAT Abarth Grande Punto S2000 Crashed. P

* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
P – denotes Production WRC entry.

all times unofficial

RALLY PLUS