WRC第10戦オーストラリア デイ3:シトロエン勢が規則違反でペナルティ、ヒルボネンが繰り上がり優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRC第10戦オーストラリア デイ3:シトロエン勢が規則違反でペナルティ、ヒルボネンが繰り上がり優勝

 

 WRC第10戦、ラリー・オーストラリアの競技最終日デイ3が9月6日(日)に行われた。デイ3、10本のSSを経てトップでフィニッシュしたのはセバスチャン・ローブ(シトロエンC4WRC)。
 しかし表彰式終了後にローブ、3位フィニッシュのダニエル・ソルド、そして4位フィニッシュのセバスチャン・オジエの3台のシトロエンC4WRCにマシンのレギュレーション違反が発見され、それぞれに1分間のペナルティが科せられることになった。結果、最終リザルトは優勝ヒルボネン、2位ローブ、3位ソルドに変更されるなど後味の悪いエンディングとなった。

 マシンのフロント側アンチロールバー(スタビライザー)のリンクがホモロゲーション申請された部品と合致せず。エンジニアリングサイドの違反がローブの復活勝利を台無しにした。開幕5連勝の後の4連敗。しばらく優勝から遠ざかっていたローブはデイ2終了時点で1位ソルドから0秒1差の2位。ヒルボネンと同タイム同順位ながら、デイ3では3番手スタートと有利な走行順でローブはコースインした。
 ヒルボネンが先頭スタートゆえに路面の滑りやすいルーズグラベルに苦戦するのとは対照的に、ローブは余裕の走りでベストタイムを並べ首位に立つと、2番手との差をじわじわと広げていきリードを万全なものとした。ヒルボネンも健闘するが、ローブのスピードにはついていけず2位をソルドと争うのが精一杯。ローブは最終ステージのSS35を難なく走りきり、2位ヒルボネンに12秒5差をつけてトップでフィニッシュ。ポディウムでは久々に最上段に立ち満足そうな笑顔を浮かべていた。

 しかしその数時間後、ローブは1分間のペナルティを課せられ2位に沈むことになってしまった。
 4位オジエにも1分のペナルティが課せられたことで、5位のヤリ-マティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)が4位に浮上。フォードにとっては喜ばしい、シトロエンにとっては後悔すべき結果で新生ラリー・オーストラリアは幕を閉じた。

 同時開催のPWRCではデイ2でトップに立ったマルティン・プロコップ(三菱ランサーエボリューション)が優勝。デイ2で4位にポジションを上げ、デイ3でもポジションを守っていた新井敏弘(スバル・インプレッサ)はギヤボックスのトラブルにより最終ステージでリタイアしている。

WRC第10戦 ラリー・オーストラリア暫定リザルト(ペナルティ加算前)
Overall times after SS35 / Day 3 – Top 20:
1. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC 2hrs 52mins 42.0secs M
2. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +00mins 12.5secs M
3. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 17.1secs M
4. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +01mins 35.8secs MT
5. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +02mins 04.5secs M
6. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC +05mins 38.8secs MT
7. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +07mins 30.3secs MT
8. Federico Villagra Munchi’s Ford Focus RS WRC +07mins 51.9secs MT

9. Hayden Paddon Mitsubishi Lancer Evo IX +15mins 48.6secs N4
10. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX +15mins 57.2secs P
11. Richard Mason Subaru Impreza WRX STI +16mins 39.4secs P
12. Cody Crocker Subaru Impreza WRX STI +17mins 32.5secs P
13. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +20mins 05.3secs P
14. Stewart Taylor Mitsubishi Lancer Evo IX +21mins 36.3secs P
15. Matthew Selley Subaru Impreza WRX STI +31mins 00.3secs N4
16. John Goasdoue Mitsubishi Lancer Evo VI +37mins 31.3secs Ntl
17. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +41mins 47.8secs MT
18. Gianluca Linari Subaru Impreza WRX STI +44mins 28.7secs P
19. Stephen Tonna Mitsubishi Lancer Evo V +45mins 58.0secs N4
20. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +47mins 12.3secs A8

Overall PWRC after SS35 / Day 3:
1. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX 3hrs 08mins 51.2secs P
2. Richard Mason Subaru Impreza WRX STI +00mins 42.2secs P
3. Cody Crocker Subaru Impreza WRX STI +01mins 35.3secs P
4. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +04mins 08.1secs P
5. Stewart Taylor Mitsubishi Lancer Evo IX +05mins 39.1secs P
6. Gianluca Linari Subaru Impreza WRX STI +28mins 31.5secs P

Notable retirements:
SS5. Mark Tapper Mitsubishi Lancer Evo IX Rolled. P
SS7. Khalid Al Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC Steering. A8*
SS7. Eyvind Brynildsen Mitsubishi Lancer Evo IX Engine. P
SS15. Chaodong Liu Mitsubishi Lancer Evo IX Roll-cage damage. P
SS19. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC Went off road. MT*
SS20. Bernardo Sousa FIAT Abarth Grande Punto S2000 Crashed. P
SS29. Neal Bates Toyota Corolla S2000 OTL. P
SS35. Toshi Arai Subaru Impreza WRX STI Mechanical. P
* denotes elected/able to re-start under SupeRally format.

M – denotes Manufacturer entry.
MT – denotes Manufacturer Team entry.
P – denotes Production WRC entry.

all times unofficial



RALLY CARS