WRCポルトガル:オジエが今シーズン2勝目「投入した新しいクルマは完璧だった」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCポルトガル:オジエが今シーズン2勝目「投入した新しいクルマは完璧だった」

©M-SPORT

WRC第6戦ポルトガルは5月21日、競技最終日を終え、Mスポーツのセバスチャン・オジエが第1戦モンテカルロ以来となるシーズン2勝目を飾った。2位には15.6秒差でヒュンダイのティエリー・ヌービルが入り、3位には1分1.7秒差で同じくヒュンダイのダニ・ソルドが入った。

HYUNDAI

ラリー最終日はSS16~19の4SS、わずか42.93kmのステージ距離しかなく、短い距離で2番手のヌービルがどこまで首位のオジエにプレッシャーをかけられるかに注目が集まった。しかし、オープニングとなる名物ステージ、ファフェの1回目ではわずかにその差が詰ったもののその差はわずか0.8秒縮まっただけ。

「この差を縮められるとは思わない。プッシュはしているけど、クリーンに走ることが優先だ。とくにこのステージでは最終パワーステージに向けてのペースノートチェックも重要だったからね」とヌービルははや諦め顔だ。

続くSS17、オジエはヌービルを3.3秒上回るベストタイムで突き放し、優勝争いに決着をつけた。

M-SPORT

こうなると残された興味はファフェの2回目となる最終SS19=パワーステージとなる。ここで1位=5点を獲得したのは、土曜日半ばまでラリーをリードしていたMスポーツのオット・タナク。2位にはヌービルが入り4点を獲得、総合2位入賞と合わせてこれで選手権2位に浮上した。ファフェのジャンプを豪快に飛んだオジエはパワーステージ5位=1点に留まったもののシーズン2勝目を悠々と決め、「今回投入した新しいクルマは完璧だった」と笑顔を弾けさせた。

次戦はサルディニア(イタリア)。今回以上の荒れ方が予想されるラフロードで、オジエが再び貫禄を見せて混戦模様の選手権から抜け出すのか。注目の一戦は2週間後にスタートする。

WRCポルトガル最終リザルト

順位ドライバーマシンタイム/差
1セバスチャン・オジエフォード・フィエスタWRC3:42:55.7
2ティエリー・ヌービルヒュンダイi20クーペWRC+15.6
3ダニ・ソルドヒュンダイi20クーペWRC+1:01.7
4オット・タナクフォード・フィエスタWRC+1:30.2
5クレイグ・ブリーンシトロエンC3 WRC+1:57.4
6エルフィン・エバンスフォード・フィエスタWRC+3:10.6
7ユホ・ハンニネントヨタ・ヤリスWRC+3:48.9
8マッズ・オストベルグフォード・フィエスタWRC+5:29.7
9ヤリ‐マティ・ラトバラトヨタ・ヤリスWRC+5:43.6
10エサペッカ・ラッピトヨタ・ヤリスWRC+8:13.3


DiRT4
DiRT4