ラリー北海道の暫定アイテナリーが発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリー北海道の暫定アイテナリーが発表

 

 2010年、APRC第3戦として5月21〜23日に開催されるラリー北海道の暫定アイテナリーが発表された。

 総SS20本と、2009年大会からは2本増えているが、総SS距離は230.87km。昨年比わずか+0.3kmにとどまっている。
 おもな走行ルートは初日を陸別方面、2日目を足寄/音更方面でこなす予定となっている。一方で新たな試みとして、従来ギャラリーエリアが設けられていた音更林道「シノチアキ」のリバースステージとして「オトフケ」が、人気のギャラリーステージだった「パウセカムイ」のリバースとして「アショロ」が設定されている。

 ラリーは2009年大会と同様、金曜日夜のセレモニアルスタート後にオープニングステージとしてSS1オビヒロを走行。翌土曜日はシピリカキム・リバースとクンネイワ・リバースという20km以上のSSと、これに陸別ステージと帯広特設ステージが組み合わせたループを3周する。陸別にはリモートサービスを設置予定。デイ1は合計11SS、151.71kmを走行する。

 続くデイ2では足寄/音更方面でのステージがメイン。牧草地のヌプリパケや、パウセカムイのリバースとなるアショロといった比較的高速な北部のステージから、ホンベツ、オトフケといった南部のステージへ下ってくる構成となる。デイ2は9SS、合計79.16kmで争われる。

 なお、正式発表はないものの、人気の観戦ポイントだったパウセカムイのリバース=アショロが設定されたことで、さらにギャラリーエリアが増やされるものと予想される。5月の十勝地方は山間部には雪が残ることもあり、初夏と言うよりも春の気候。気温は25度程度まで上がる日がある一方で、朝晩は最低気温がひと桁になる日も多いので注意が必要だ。

 ラリーガイド1の発行は2010年1月20日頃の予定。この発行に伴いアイテナリーは変更される可能性もある。

ラリー北海道・暫定競技スケジュール ※12月24日現在

デイ1A
時刻 SS ロケーション SS距離・所要時間
18:47 スタート 北愛国サービスパーク
19:00 SS1 オビヒロ1 1.2km
デイ1B
時刻 SS ロケーション SS距離・所要時間
6:00 リスタート 北愛国サービスパーク
サービスA 北愛国サービスパーク 10分間
8:05 SS2 シピリカキム リバース1 25.12km
8:38 SS3 クンネイワ リバース1 22.43km
9:25 SS4 リクベツ1 2.73km
フレキシサービスB 陸別サービス 20分間
11:13 SS5 シピリカキム リバース2 25.12km
11:46 SS6 クンネイワ リバース2 22.43km
12:33 SS7 リクベツ2 2.73km
フレキシサービスC 陸別サービス 20分間
14:21 SS8 シピリカキム リバース3 25.12km
14:54 SS9 クンネイワ リバース3 22.43km
18:07 SS10 オビヒロ2 1.2km
18:16 SS11 オビヒロ3 1.2km
フレキシサービスD 北愛国サービスパーク 45分間
デイ2
時刻 SS ロケーション SS距離・所要時間
5:30 スタート 北愛国サービスパーク
サービスE 北愛国サービスパーク 15分間
6:32 SS12 オトフケ1 6.29km
7:57 SS13 ヌプリパケ1 12.73km
8:30 SS14 アショロ1 9.18km
9:18 SS15 ホンベツ1 10.78km
10:09 SS16 オトフケ2 6.29km
フレキシサービスF 北愛国サービスパーク 20分間
13:36 SS17 ヌプリパケ2 12.73km
14:09 SS18 アショロ2 9.18km
14:57 SS19 ホンベツ2 10.78km
16:12 SS20 オビヒロ4 1.2km
サービスG 北愛国サービスパーク 10分間
16:40 フィニッシュ 北愛国サービスパーク
デイ1SS距離 151.71km
デイ2SS距離 79.16km
SS総距離 230.87km


RALLY CARS