AXCR2023:レグ2でチーム三菱ラリーアートのチャヤポン・ヨーターがセカンドベスト、総合4番手に浮上 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

AXCR2023:レグ2でチーム三菱ラリーアートのチャヤポン・ヨーターがセカンドベスト、総合4番手に浮上

©MITSUBISHI

アジアクロスカントリーラリー2023(以下、AXCR)は8月15日、競技2日目となるレグ2を走行。新型トライトンを投入したチーム三菱ラリーアートは、昨年覇者のチャヤポン・ヨーター/ピーラポン・ソムバットウォンがこの日セカンドベストタイムをマークし、総合順位を4番手に上げた。田口勝彦/保井隆宏はミスコースに悩まされながらも14番手タイムでこの日のステージをフィニッシュし、総合9番手につけている。

なお、主催者はこの日の夜、レグ1のタイムを修正し発行。ヨーターが2:07:52、田口は1:56:16、リファット・サンガー/シューポン・シャイワンは指定ポイント不通過により8時間のペナルティとなった。

(以下、チーム発表)


チーム三菱ラリーアートの
チャヤポン・ヨーターがSS2番手につける好走を見せ
LEG2を終えて総合4番手に浮上

2023年のアジアクロスカントリーラリー(以下、AXCR)の競技2日目となるLEG2が8月15日(火)に行われ、チーム三菱ラリーアートは昨年勝者の『トライトン』101号車チャヤポン・ヨーター(タイ)/ピーラポン・ソムバットウォン(タイ)が前日に引き続き好走を見せた。ヨーターは3時間17分16秒(暫定)でSSを走り切り、SS2番手、総合4番手につけ、明日以降のさらなる上位浮上を目指す。

この日の舞台となるのはセレクティブセクション(SS)2の全長207.26km。111.77km地点のパッセージコントロール(PC)後には前日同様、サービスエリアが設けられている。コースは、農場内や集落間の道、荒れた砂利道など様々な性格を持つ。3台の『トライトン』は、的確なハンドリングと、全域でトルクを発揮するエンジンを武器にポジションアップを狙う。

前日の暫定順位をもとにしたスタートリストにより、ヨーターは6番目、田口勝彦(日本)/保井隆宏(日本)は8番目、リファット・サンガー(インドネシア)/シューポン・シャイワン(タイ)は32番目のスタート。競技は前日と同じくドライコンディションのもとで実施され、四輪部門の先頭走者は午前10時24分にSS2のスタートを切った。ヨーターは順調な走行を続けていたが、田口はミスコースに悩まされる展開となり、このSS2で3時間44分58秒(暫定)のSS14番手タイム、総合では9番手と、遅れを喫してしまった。

MITSUBISHI

なお、15日の夜に発表された暫定結果では、参加者にLEG1の新たなタイムが与えられた。チーム三菱ラリーアートは、ヨーターが2時間7分52秒、112号車の田口勝彦(日本)/保井隆宏(日本)は1時間56分16秒という結果。また、106号車のリファット・サンガー(インドネシア)/シューポン・シャイワン(タイ)は、前日の指定ポイント不通過のペナルティを受け8時間という結果となった。

16日(水)の競技3日目LEG3/SS3は、タイ国内での最後のSSとなる。サトウキビ畑やゴム農園が広がるエリア、集落と集落をつなぐ細かい道などバラエティに富んだコースが待ち受ける。SS距離は179.63km、午前9時に二輪部門の先頭走者からスタートする予定だ。

101号車ドライバー チャヤポン・ヨーターのコメント
「今日はほぼ、いい一日だったと思います。路面はハイスピードで、岩の多いコンディションとなったセクションもありました。ハイスピード区間ではペースをつかむためにプッシュし、最も速い走りを目指しました。岩の多いセクションではマシンを守り、ダメージを受けないような走りに努めました。もちろん明日は、今日よりもいい結果を得られるよう頑張ります。ひと言で言えば、明日は一番を狙います。」

チーム三菱ラリーアート総監督 増岡浩のコメント
「2日目が終わり、チャヤポン(ヨーター)選手と田口選手は快調に走っています。チャヤポン選手は総合4番手と、いい順位で走れていると思います。田口選手は残念ながらミスコースで遅れてしまった部分がありますが、いずれにしてもクルマの仕上がりはいいので、これからペースを上げていきたいですね。明日からは中盤戦です。路面コンディションが悪くなる可能性もありますが、我々の『トライトン』は、どんな路面でも確実に走る力がありますから、徐々にポジションも上がっていくと思います。」

MITSUBISHI

チームダイジェスト動画
アジアクロスカントリーラリーAXCR2023 LEG2 : SS2



RALLY PLUS