IRC開幕戦モンテカルロはミッコ・ヒルボネンが勝利 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

IRC開幕戦モンテカルロはミッコ・ヒルボネンが勝利

 

インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ(IRC)第1戦ラリーモンテカルロが、1月19〜23日にかけて開催された。2009年に続いてIRCとして2回目となるモンテカルロは、バランスを起点としてスタート。チュリニ峠のナイトステージで締めくくり、モナコで表彰式を行なうというフォーマットを採用した。

ラリーは、2009年WRCシリーズ2位のミッコ・ヒルボネンが、公式戦初登場となるフォード・フィエスタS2000で参戦。初日からトップを維持して、自身初となるモンテカルロ優勝を獲得した。

「モンテカルロに勝つことは、僕の夢だった。一生懸命働いてくれたメカニックたちのおかげで、最初から最後まで完璧だった。僕たちが最初からリードして勝つことができたのは決して簡単ではなく、チームの優れた仕事のおかげだ。この経験を本当に楽しんだし、再び戻ってきたいと思っているよ」とヒルボネン。

2位はシュコダワークスのユホ・ハンニネン。昨年に続きIRCにシリーズ参戦を予定しており、シリーズ参戦を予定しているドライバーの中ではトップに立っている。3位は昨年までプジョー207S2000で出場していたニコラ・ブイヨーがシュコだ・ファビアS2000初ドライブで表彰台に上がった。

昨年のモンテカルロウイナーであるセバスチャン・オジエは、ギャラリーが投げ込んだ雪玉によりグリップを失いタイムロス。その後7つのSSでトップタイムを刻む脅威の挽回を見せ、トップのヒルボネンと38秒差まで追いすがるが、リタイアを喫してしまった。

また、2009年シリーズチャンピオンのクリス・ミークは、デイ2最初のSSで氷に乗り初戦をリタイアで終えた。

第2戦ラリー・インターコンチネンタル・ド・クリティバは3月4〜6日にブラジルで開催される。

2010年IRC第1戦ラリーモンテカルロリザルト

順位 ドライバー/コ・ドライバー マシン タイム(差)
1 ミッコ・ヒルボネン/ヤルモ・レーティネン フォード・フィエスタS2000 4時間32分58秒5
2 ユホ・ハンニネン/ミッコ・マルックラ シュコダ・ファビアS2000 +1分51秒4
3 ニコラ・ブイヨー/ベンジャミン・ベイラス シュコダ・ファビアS2000 +3分19秒1
4 ステファン・サラザン/ジャッキー・ジュリアン・レヌッチ プジョー207 S2000 +7分25秒5
5 ヤン・コペッキー/ペター・スターリー シュコダ・ファビアS2000 +8分48秒7
6 ガイ・ウィルクス/フィル・プー シュコダ・ファビアS2000 +9分24秒5
7 ブルーノ・マガラエス/カルロス・マガラエス プジョー207 S2000 +9分45秒4
8 ジャン-セバスチャン・ビジョン/ステファン・プレボ プジョー207 S2000 +13分33秒5
ヘルメットのペイントはじめました!