IRCレギュラー vs 地元ドライバー、軍配はどっちに? – RALLYPLUS.NET ラリープラス

IRCレギュラー vs 地元ドライバー、軍配はどっちに?

 

 間もなく開催されるIRC第3戦アルゼンチン。今シーズンWRCの開催をはずれ、IRCとして新たな一歩を踏み出した。すでに公表されているエントリーリストにはIRCレギュラーだけでなく、WRCでもならした地元強豪メンバーも顔を揃えている。

 IRCレギュラーの主なメンバーはディフェンディングチャンピオンのクリス・ミーク(プジョー207S2000)、シュコダワークスのヤン・コペッキーとユホ・ハンニネン、ナッサー・アル‐アティヤ(シュコダ・ファビアS2000)、ガイ・ウィルクス(シュコダ・ファビアS2000)、ブラジルのダニエル・オリベイラ(プジョー207S2000)、ポルトガルのブルーノ・マガラエス(プジョー207S2000)といった面々。
 対する地元勢はマルコス・リガト(三菱ランサーエボリューションX)、ガブリエル・ポッゾ(スバル・インプレッサWRX STI)、フェデリコ・ビラグラ(フォード・フィエスタS2000)と役者ぞろいだが、上位入賞の可能性があるのはフィエスタを駆るビラグラだろう。リガトやポッゾはマシンの面で厳しい戦いを強いられるだろうが、地の利を活かした速さを見せてほしいところだ。

RALLY PLUS