IRC第3戦アルゼンチンはシュコダが1-2-3フィニッシュ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

IRC第3戦アルゼンチンはシュコダが1-2-3フィニッシュ

 

 IRC第3戦となるアルゼンチンを制したのはシュコダ・ファビアS2000を駆るユホ・ハンニネン。2位はシュコダUKのガイ・ウィルクス、3位にはハンニネンのチームメイトであるヤン・コペッキーが入り、シュコダ・ファビアが1-2-3フィニッシュを飾るかたちとなった。
 前戦クリティバで優勝したクリス・ミークはリタイア、期待された地元勢のフェデリコ・ビラグラは5位にとどまった。

 ハンニネンは今シーズン初勝利。15SSのうち11SSでトップタイムをたたき出し、2位のウィルクスに51秒差をつけた。ハンニネンは開幕戦で2位、第2戦で3位、そしてこのアルゼンチンで優勝と、コンスタントに表彰台を獲得。現在2位につけるガイ・ウィルクスと5ポイント差の24ポイントでランキングトップに立っている。ウィルクスは最終日のブレーキトラブルが足を引っ張り追撃ならず。

 プジョー勢のエース、クリス・ミークはスロットルの不調に悩まされたうえ、最終ステージひとつ前のSS14でステアリングのボルトが折れリタイア。それまでは3番手に食らいついていただけに、ここでの0ポイントは後に大きな影響を残しそうだ。

 地元勢のトップはスバル・インプレッサWRX STIを駆るガブリエル・ポッゾが奮闘。スバルにIRCでのマニュファクチャラーズポイントをもたらし、併催されたアルゼンチンラリー選手権での優勝を飾った。

主な順位は下記のとおり。

順位 No. ドライバー/コ・ドライバー マシン タイム
1 3 ユホ・ハンニネン/ミッコ・マルックラ シュコダ・ファビアS2000 “2:30’38″”1”
2 4 ガイ・ウィルクス/フィル・プー シュコダ・ファビアS2000 “+51″”0”
3 6 ヤン・コペッキー/ペトル・ストレー シュコダ・ファビアS2000 “+2’20″”1”
4 9 ガブリエル・ポッゾ/ダニエル・ルイス・スティロ スバル・インプレッサWRX STI “+5’03″”9”
5 2 フェデリコ・ビラグラ/ホルへ‐ペレス・コンパンク フォード・フィエスタS2000 “+5’14″”2”
6 7 ブルーノ・マガラエス/カルロス・マガラエス プジョー207S2000 “+6’11″”0”
1 ナッサー・アル‐アティヤ/ジョバンニ・ベルナッキーニ シュコダ・ファビアS2000 エンジン(SS10)
5 クリス・ミーク/ポール・ネイグル プジョー207S2000 メカニカル(SS14)
8 ダニエル・オリベイラ/カルロ・デル・バリオ プジョー207S2000 クラッシュ(SS11)
12 マルコス・リガト/ルーベン・ガルシア 三菱ランサーエボリューションX
18 グスタボ・トレレス/ホルへ・デル・ブオノ 三菱ランサーエボリューションX
39 パオロ・ノブレ/エデュ・パウラ 三菱ランサーエボリューションIX


ヘルメットのペイントはじめました!