世界ラリークロス、火災事故発生のリッデンヒルは中止に – RALLYPLUS.NET ラリープラス

世界ラリークロス、火災事故発生のリッデンヒルは中止に

©Rallycross Promoter GmbH

世界ラリークロス選手権は、7月22日〜23日に第4戦英国リッデンヒルが予定されていたが、21日にスペシャルONEレーシングのサービスエリアが火災に見舞われ、土曜日の競技を中止。日曜日についても競技は行わない決定をくだした。

FIAの審査委員会は、22日夜にディシジョンを発行。国際スポーツ規約11.9.3項に従い、安全上の理由からこの一戦を完全に中止することを伝えた。

このディシジョンでは、火災の状況を動画で確認したところ、21日現地時間8時43分に、チームのサービスエリアでマシンのバッテリーを充電していた最中に出火が発生したことが確認されたが、なぜ出火したかの理由は明らかになっていないとしている。また、チームメンバーの極めて素早い判断だけが、彼らを怪我から救ったことは明らかだとも記している。

FIAは地元消防局、リッデンヒルのサーキットスタッフ、選手権プロモーターの協力を得て、事故の根本原因について緊急調査を開始した。現地では、RX1eカテゴリーがフル電動化となった2022年からバッテリーを供給するクライゼル社が技術支援を行っている。

しかし、現状では火災原因を特定するまでの調査が進んでおらず、観客、チームメンバー、ドライバーの安全が十分に確保されていない状況だという。FIAと主催者は、別の形で競技を進行する様々な方法を調査したが、原因が分からず、クライゼル社も適切なレベルの保証を確信することができなかったことから、FIA安全部会の意見を受け、プロモーターとの協力のもと、関係者の安全のため、審査委員会は競技の中止を決定した。

併催のRX2eと英国ラリークロス選手権は、予定どおり22日から競技を開始しており、23日も引き続き競技を続行する。

@World / Red Bull Content Pool



ラリプラメンバーズ2024募集中!!