WRCエストニア:トヨタ勢、エルフィン・エバンスが首位発進、勝田貴元は5番手 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCエストニア:トヨタ勢、エルフィン・エバンスが首位発進、勝田貴元は5番手

©Toyota Gazoo Racing WRT

WRC第8戦ラリーエストニア(グラベル)は7月20日(木)、エストニアのタルトゥで開幕。この日はSS1の走行が行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamはエルフィン・エバンス/スコット・マーティンが首位に立った。選手権リーダーとして迎えたカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンは3番手、3度目のワークスエントリーでの参戦に臨む勝田貴元/アーロン・ジョンストンは5番手につけて初日を終えている。

(以下、チームリリース)

Toyota Gazoo Racing WRT


WRC 第8戦 ラリー・エストニア デイ1
超高速グラベル・ラリーのエストニアがタルトゥで開幕
エバンスが総合1位に、ロバンペラが総合3位につける

7月20日(木)、2023年FIA世界ラリー選手権(WRC)第8戦「ラリー・エストニア」が開幕。オープニングステージとしてスーパーSSが1本行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのエルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(GR YARIS Rally1 HYBRID 33号車)が首位に立ち、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組 (69号車)が総合3位に、勝田貴元/アーロン・ジョンストン組(18号車)が総合5位につけ、チームの全車がデイ1を好調に走り切りました。

第7戦のサファリ・ラリー・ケニアで、TGR-WRTは昨年大会に続き1-2-3-4フィニッシュを達成。チームはマニュファクチャラー選手権で、ロバンペラはドライバー選手権で首位の座を守り、エバンスはドライバー選手権2位に順位を上げました。そのサファリ・ラリーから約3週間のインターバルを経て開催されるラリー・エストニアは、第5戦から第7戦にかけて3戦続いたラフ・グラベル(未舗装路)ラリーとは大きく異なる、非常にスムースな路面を舞台とするハイスピードなグラベル・ラリーとなります。

ラリー初日となる20日(木)のデイ1は、サービスパークが置かれるエストニア第2の都市「タルトゥ」の南側エリアで、午前中にシェイクダウンが行われ、4.08kmのグラベル・ステージでロバンペラがベストタイムを記録。ワークス登録ドライバーとしては今シーズン3回目の出場となる勝田が4番手タイムを、エバンスが5番手タイムを記録しました。

夕方6時半からは、タルトゥの市街地でセレモニアルスタートが行われ、その後8時過ぎからオープニングのスーパーSS1がスタート。エストニア国立博物館の敷地内に展開するサービスパークのすぐ近くで、全長3.35kmのグラベル・ステージが行われ、オィット・タナック(Mスポーツ・フォード)がベストタイムを記録。0.6秒差でエバンスとエサペッカ・ラッピ(ヒョンデ)が2番手タイムを分け合いました。しかし、タナックがシェイクダウン後にエンジン交換を行なったことで5分間のペナルティを課せられたため、エバンスがラッピと同タイムで首位に立ちました。また、ロバンペラはエバンスと僅か0.1秒差の総合3位に、勝田は2.6秒差の総合5位につけ、森林地帯での本格的な戦いが始まる明日のデイ2に駒を進めました。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)
今夜、最初のステージで何のドラマもなくラリーをスタートすることができて良かったです。エルフィンがラリーをリードしていますが、タイム差は非常に僅かです。我々は以前からエストニアでは好調でしたし、このようなハイスピードなイベントは通常、我々のクルマにとても合っています。また、このラリーのためにエンジンをアップグレードしたので、それが高速セクションで助けになることを期待しています。シェイクダウンでは、我々のクルマがうまく機能していることを確認できたので、ドライバーたちは自信を持ってラリーをスタートすることができました。今日は雨も降りましたし、森の中の道が湿った状態であり続ければ、カッレとエルフィンは早い出走順による路面のクリーニングにそれほど悩まされることもなく、優勝争いに加わるチャンスを得られると思います。

カッレ・ロバンペラ (GR YARIS Rally1 HYBRID 69号車)
エストニアに戻ってくることができて嬉しいです。エストニアはとても好きなラリーですし、このような道や路面を走ることを楽しめているので、ポジティブな気持ちでラリーをスタートすることができました。今晩走行したタルトゥでの最初のステージは常に面白く、非常にテクニカルでトリッキーな狭い道なので僅かなミスも許されず、クリーンな走りに徹しました。明日は滑りやすいグラベルに覆われたステージが多く、今大会最長のステージもあるため、自分たちにとっては非常に重要な一日となります。このような高速ラリーで遅れを取り戻すのは簡単ではないので、トップに近い位置につけられることを願っています。雨が少し降り続いているので、それが自分たちにとって助けになるかもしれませんが、太陽が出ると路面は急速に乾くので、どうなるか様子を見たいと思います。

エルフィン・エバンス (GR YARIS Rally1 HYBRID 33号車)
このラリーを楽しみにしていました。ステージはここ数戦とは明らかに違うので、ハイスピードな道に素早く適応できることを願っています。今朝のシェイクダウンはいいフィーリングを得るための重要な機会だったので、セットアップをいくつか試しました。今晩最初のステージは他のステージとは大きく異なり、道幅が狭くてツイスティで、路肩には大きな石がたくさん並んでいました。そのため、ミスなくしっかりと走ることに専念しましたし、これで明日に向けて気持ちを切り替えることができます。エストニアの道は路面がかなり軟らかいため、ステージを1回目に走行する時と、2回目に走行する時ではコンディションが大きく変わります。明日は出走順が2番手なので、午後の再走ステージでは路面の変化に驚くかもしれません。

Toyota Gazoo Racing WRT

勝田 貴元 (GR YARIS Rally1 HYBRID 18号車)
エストニアは好きなイベントのひとつなので、とても楽しみにしていました。シェイクダウンではクルマの動きがとても良く感じられたので、チームは素晴らしい準備をしてくれたのだと思います。このクルマでエストニアのステージを走ることに興奮していますし、明日からはきっと楽しい3日間になると思いますが、それと同時に大きなチャレンジにもなるでしょう。今晩最初のスーパーSSは道路脇に大きな石があって、もし当たってしまったら何が起こってもおかしくなかったですし、ラリーが簡単に終わってしまう可能性もあったので、とにかく確実に走り切りました。明日は重要な一日になると思うので、ハードにプッシュし、できる限り良い走りをしたいと思っています。

ラリー・エストニア デイ1の結果
1 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) 3m03.1s
2 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +0.0s
3 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +0.1s
4 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +1.0s
5 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ GR YARIS Rally1 HYBRID) +2.6s
6 テーム・スニネン/ミッコ・マルックラ (ヒョンデ i20 N Rally1 HYBRID) +3.9s
7 ピエール=ルイ・ルーベ/ニコラ・ジルソー (フォード PUMA Rally1 HYBRID) +4.4s
8 ミコ・マルチェク/シモン・ゴスポダルチェク (シュコダ Fabia RS Rally2) +5.9s
9 ゲオルク・リンナマエ/ジェームズ・モルガン (ヒョンデ i20 N Rally2) +6.0s
10 アンドレアス・ミケルセン/トシュテン・エリクソン (シュコダ Fabia RS Rally2) +6.6s
(現地時間7月20日21時30分時点のリザルトです。最新リザルトはwww.wrc.comをご確認下さい。)

明日のステージ情報
競技2日目となる7月21日(金)のデイ2は、サービスパークの北側と南側エリアで、3本のステージをミッドデイサービスを挟んで各2回走行。その後、南側エリアで1本のステージを走り、その合計距離は133.38kmと4日間で最長の一日となります。

Toyota Gazoo Racing WRT



ラリプラメンバーズ2024募集中!!