ケン・ブロック基金、ARAに「ケン・ブロック・フラットアウト43VER賞」を設立 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ケン・ブロック基金、ARAに「ケン・ブロック・フラットアウト43VER賞」を設立

©AMERICAN RALLY ASSOCIATION USAC Series

ケン・ブロック基金「43協会」は、米国の国内ラリー選手権、アメリカン・ラリーアソシエーション(ARA)に「ケン・ブロック・フラットアウト43VER(フォーエバー)賞」を設立した。

1月3日、スノーモービルの事故により他界したケン・ブロックの遺産であるラリーに対する揺るぎないコミットメントと情熱を受け継ぎ、ステップアップする意欲を持ちながらサポートを得ることができないドライバーを発掘してチャンスの道を与えることで、ブロックを称えるもの。

「ケン・ブロック・フラットアウト43VER賞」は今季の残るARA全戦に設定され、イベント中、ブロックが持っていた、考え方や使命にとらわれることなく「お構いなし」のアプローチで全開で攻める姿勢を見せたチームに贈られる。受賞者は43協会が任命したメンバーで構成される委員会が選出し、43協会が決定。ドライバーとコ・ドライバーにはそれぞれ、1430ドル(約19万円)の賞金が授与される。

43協会は、3月17〜18日に開催されたARA第2戦100エーカーウッドラリーの受賞者として、総合4位に入ったミカ・ニッケルソン/テイラー・タチェクを発表した。自家製の1986年フォルクスワーゲン・ゴルフ(オープン2WDクラス)で、ラリー全般を通して全開のアプローチを披露。ケン・ブロックのスタイルを完全踏襲していたと受賞理由を発表している。

AMERICAN RALLY ASSOCIATION USAC Series



RALLY PLUS