スバル/STI、富士スピードウェイでSUBARU BRZ GT300をシェイクダウン – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル/STI、富士スピードウェイでSUBARU BRZ GT300をシェイクダウン

©Naoki Kobayashi

スバル/STIは、2月21日(火)に富士スピードウェイにて、2023年シーズンのSUPER GT GT300クラスに参戦するSUBARU BRZ GT300のシェイクダウンを実施。午前中のセッションでは主に山内英輝がステアリングを握った。

昨シーズンは最後まで王者を争いながら防衛を果たせなかったスバル/STIは、チャンピオン奪還と全戦でのポイント獲得を目標として23年に臨む。改良の目標は空力性能向上、新開発のタイヤとホイールに合わせたセットアップを突き詰め、コーナリング性能のさらなる向上を目指す。BBSもタイヤの性能を100%引き出すべく、剛性を向上させた新デザインのホイールを投入した。加えて、当初は昨年投入予定だった新型のECUを盛り込み、CNFに対応しつつ性能を向上させている。フェンダーなど外観については、今後の岡山テストで最終仕様が投入される見込みだという。

Naoki Kobayashi


チームを率いる小澤正弘総監督は「昨シーズン一度は投入を見送った新型ECUですが、熟成を経て今季は盛り込んでいきます。まだ課題はあるものの、十分に性能を出せると思っています。ホイールは剛性が高くなり、タイヤのグリップをしっかりと使えるようになっています。今季は450kmのレースが増えますが、長距離レースはタイヤ戦略やドライバー交代のタイミングなど、戦い方の幅が色々と広がると思いますので楽しみにしています。とにかくチーム全員で全力を尽くし、全戦でポイントを獲得できる、どんな状況でも強さを見せられる戦い方をしていきたいと思っていますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。

今シーズンのSUPER GTは、4月15~16日に岡山国際サーキットで開幕戦が行われる。



ラリプラメンバーズ2024募集中!!