WRCジャパン:SS上で一般車と遭遇のエミル・リンドホルム「赤旗は出ていなかった」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCジャパン:SS上で一般車と遭遇のエミル・リンドホルム「赤旗は出ていなかった」

©Hiroyuki Takii

WRCラリージャパンで、競技中に一般車が進入するという重大インシデントが発生したSS4。競技走行中にこの想定外の場面に遭遇したエミル・リンドホルム(シュコダ・ファビア・ラリー2 Evo)は編集部の取材に対して、この時の状況を次のように語っている。


エミル・リンドホルム(EL):まずはブリーンがクラッシュした。僕らは、彼らがOKサインを出しているか確認しなくてはならなかったので、一度、止まらなくてはならなかった。そこから2〜3km後、ステージ上に一般車がいた。僕たちラリードライバーの方に向かってきた。サミ・パヤリが止まったので、自分たちも止まった。実は僕たちは、その一般車がステージを出ようとしているのが見えていた。

Q:その一般車の走行速度は速かったか。その時点ですでに赤旗が出ていたのか。
EL:赤旗は出ていなかった。僕は高速で走っていたが、そこで一般車が見えた。ステージに貼られているテープをくぐって、ステージを出るところだった。

Q:そこにはマーシャルはいなかったのか?
EL:いなかった。

Q:そのクルマは反対方向から走って来たのか。
EL:そうだ。

このジャパンでWRC2部門に参戦しているリンドホルムは、選手権争いで現在2番手つけており、タイトル獲りの重要な曲面を迎えている。この一件では、幸いにも事故や負傷者はなく、このステージについては、インシデント発生以降のクルーに関しては、主催者からそれまでのスプリットタイムや状況を考慮しての相応タイムがそれぞれに与えられた。リンドホルムは部門3番手とタイトル獲得圏内につけてこの日を走り終えている。

RALLY PLUS