WRCスペイン:ダニ・ソルド「優勝を争いたかったのに悔しい」デイ1コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:ダニ・ソルド「優勝を争いたかったのに悔しい」デイ1コメント集 

©Hyundai Motorsport GmbH

WRCラリースペイン、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。20回目の母国ラリー参戦で悲願のイベント初優勝を目指したソルドだったが、新ステージと不安定なコンディション、スタート順が遅かったことも重なったうえにパンクにも見舞われ、思うような流れを作れない展開に苛立ちを隠さなかった。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタGRヤリス・ラリー1

■セバスチャン・オジエ/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRT

「いい1日だった。楽しかったし、GRヤリスでの走りを満喫していた。インカットの多いステージを7番手からスタートする今日、このような結果が可能なのかまったく分からなかった。でも、フィーリングは良かったし、コンディションはチャレンジングで常に変化していたが、ほとんどの時間でプッシュすることができた。今日を終えて首位に立っているのはいいことだし、上位2台がトヨタだ。今日はチームにとっても素晴らしい1日だったが、後続との差は大きくないので明日もプッシュを続けなくてはならない」

■カッレ・ロバンペラ/総合2番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日の内容は満足できる。午前は新しいステージが2本と高速ステージではいいタイムも出せたので良かった。ロングステージはトリッキーでグリップ変化が多く、少しタイムをロスしすぎた。午後はもう少し安定して、ハードタイヤでのフィーリングが良かった。優勝争いに絡めているのはうれしいが、後続とも僅差なので、明日はできる限り速い走りを続けなくてはならない。その上で、何ができるか、だ」

■エルフィン・エバンス/総合6番手

Toyota Gazoo Racing WRT

「全体としては自分たちにはベストの1日ではなかった。午前中は難しいコンディションでステージの中でもグリップが変化したが滑り出しは良かった。でも、全体をうまくまとめきれず、少しためらったところがあった。午後は、さらに苦戦してしまった。マシンのフィーリングがOKだったところもあったが、SS7でパンクしてしまいかなりタイムをロスしてしまった。今晩、いくつか変更を行い、明日に向けてフィーリングがよくなるようにしたい」

[ヒョンデ・モータースポーツ]
ヒョンデi20 Nラリー1

■ティエリー・ヌービル/総合3番手

Hyundai Motorsport GmbH

「OKだった1日。午前はリズムがよく、速さもあった。残念ながら午後はライバルが少し速さを上げてきたようで、どんどんタイムをロスしていった。12秒差で残り2日間、まだ勝負は分からない。個人的にはもっとハードにプッシュできたと思うが、自信が足りないコーナーもあり、限界を見極められなかった。その部分に取り組まなくてはならない。土曜日はステージの性格が違い自分たちが良く知っているところなので、もっと改善できると思う」

■オィット・タナック/総合4番手

Hyundai Motorsport GmbH

「最初の2本はハイブリッドのトラブルが出た。どうにか次の2本は動くようになったが、リエゾンで破損したオルタネーターを交換しなくてはならなかった。午後も同じようなハイブリッドの問題が出たので、チームには何が原因なのかを解明してもらわなくてはならない。全体的に、ターマックで期待していたフィーリングを得るのに苦戦していた。ラリー前から難しいだろうということは分かっていた。ティエリーとダニは合っていたようだが、自分的には厳しかったね。この後のプランはマシンの動きをあるべき状態にできるように試み、できれば明日はティエリーに離されないようにしたい。少なくともそれが目標だ」

■ダニ・ソルド/総合5番手
「優勝を目指してプッシュしたいと思っていたので、今日の内容にはフラストレーションがたまる。残念ながらコンディションと環境で、自分たちはそれができなかった。SS7では、何か音がしたのでパンクしたと分かった。小さなコーナーの中の泥に石があったのだと思う。ペースノートには記載していなかったが、同じトラブルに遭った選手もいるようだ。その後はタイヤがリムから外れないようにステディに走ったので、タイムロスが大きくなった。今日はもっといい内容を期待していたが、まだ2日間あるのでもっとプッシュしなくてはならない。天気がよくなることを願うよ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1

■クレイグ・ブリーン/総合7番手

M-SPORT

「浮き沈みのある一日だった。午前中は苦戦していたが、午後はセッティングを変更してかなりよくなった。マシンにやらなくてはならないことが山積み。前のエルフィンとは僅差なので、明日は激しい戦いになると思う。もっと速さが出るように何とかしたい」

■アドリアン・フルモー/総合9番手

M-SPORT

「とても楽しめていたが、期待していたようなタイムがでなかった。とにかくドライブして楽しめていることが一番。ステージにたくさんのスペクテイターがいたのは、本当にうれしかった。午後はよくなった。最終ステージでは、タイヤが少しオーバーヒートしていた時があったと思うが、残りはいい走りができた。もっと速く走れるカギを見つけなくてはならない。明日はもっとコンディションがよくなるといいね」

■ガス・グリーンスミス/総合10位

M-SPORT

「最終ステージはいい走りができた感じがしていたが、それでも17秒遅かった。何が理由なのか分からない。とにかくフィーリングは良かったので、少なくともその点は満足できる。明日は、もっと路面のグラベルが少ないことを願うよ」

ヘルメットのペイントはじめました!