ラリージャパン、キービジュアル第2弾を発表。サービスパークコンテンツも続々明らかに – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリージャパン、キービジュアル第2弾を発表。サービスパークコンテンツも続々明らかに

©RALLY JAPAN

10月1日、ラリージャパン事務局は大会キービジュアルの第2弾を、WRC開催に向けた“1カ月前イベント”『1Month to go! RALLY JAPAN!』(ワンマンストゥーゴー! ラリージャパン!)にて発表した。また、WRC開催期間中(2022年11月10日〜13日)にサービスパークで開催されるコンテンツも合わせて公式ウェブサイト上で公開している。「RALLY FAN FESTA」と銘打って、拠点となる豊田スタジアムのみならず周辺エリアでもイベントを展開するという。

「RALLY FAN FESTA」
期間:2022年11月10日(木)〜11月13日(日)
場所:豊田スタジアム/スカイホール豊田/豊田市駅前

HQが設置されるスカイホール豊田では、パブリックビューイングのほか地元名物を中心に様々なグルメを堪能できる「うまいものフードパーク」、豊田市駅前ではEV車両体験・体感イベント「EV+ Experience 2022」が行われ、コアなラリーファンのみならず、地元の方々にもお祭り気分を味わってもらえるようにしているという。

豊田スタジアムは、ラリージャパンのセレモニアルスタート&フィニッシュと表彰式会場でもあり、ミート・ザ・クルー(トークショー)やサイン会が行われる。セレモニアルスタートのランプは豊田スタジアム内のピッチサイドに設けられる予定であることも、予定図によって明らかになった。サービスパークには物販・展示・飲食ブースが並ぶほか、スタジアム内の大型ビジョンではSS走行をライブ放映する。

さらに、ラリージャパンスペシャル応援団に就任した、地元愛知県出身の3人組ユニット「ソナーポケット」がDay3の11月12日(土)にライブステージを開催する。そのほかトークライブも予定している。

フォーラムエイト・ラリージャパン2022の「サービスパーク入場券」は、インターネット販売サイトe+(イープラス)で販売中。料金は大人7500円、子供(3歳以上中学生以下)3000円、各日とも1日券でサービスエリア(Service1=ワークスチームエリア、Service2=WRC2、WRC3エリア)およびスタジアム内への入場が可能だ。

フォーラムエイト・ラリージャパン公式サイト
観戦エリア・チケットページ

https://rally-japan.jp/ticket

RALLY CARS