Mスポーツ・フォード、経験豊富なレギュラードライバーの投入も視野 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ・フォード、経験豊富なレギュラードライバーの投入も視野

©WRC PROMOTER

Mスポーツ・フォードのチーム代表、リチャード・ミルナーは、フォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1をサポートするために、チームにもうひとり経験豊富なドライバーを投入するための解決策を探っているようだ。

先週開催されたWRC第7戦ラリーエストニア(グラベル)はチームにとって厳しい展開となり、フランスの若手、アドリアン・フルモーの7位フィニッシュがチーム最上位リザルトとなった。

エースドライバーのクレイグ・ブリーンは、過去2年間のWRCエストニアを2位でフィニッシュしており、今年もトップ3タイムを連発したが、金曜日の午前にインカット防止のブロックにヒットしてサスペンションにダメージを抱え、早々に離脱。ラリーは総合30位でのフィニッシュに留まった。ピエール‐ルイ・ルーベ、ガス・グリーンスミスはいずれも最終日にリタイアを喫している。

シーズン開幕戦のラリーモンテカルロではセバスチャン・ローブがハイブリッド時代最初のイベントでチームに勝利をもたらしたが、今季はこの1勝に留まっている。さらに、9連覇王者の参戦は限定的だ。ミルナーは、ブリーンを定期的にサポートする定評あるドライバーの加入が、将来の成功への扉を開くと考えている。

「チームを引っ張るドライバーがリタイアしたりトラブルに見舞われた時は、ネガティブな流れになるものだ」とミルナーはWRC.comに語っている。
「そうなった場合、トップ3に挑戦するのが難しくなることはよくあるもの。悔しいが、無理もないことだ。もうひとり、実績のあるドライバーがいれば表彰台を狙えると思うのだが、残念ながら、今のところその野望には手が届かない。リザルトが出せることは分かっているので、どうすれば状況を変えることができるか、アイデアを出し続ける。そのために、もっと資金を調達できる方法を見つけ、努力を続けるしかない」

WRC PROMOTER

「クレイグには十分な能力があるが、たったひとりでチームを率いるのはプレッシャーが大きすぎる。現状は追加でドライバーを獲得するための予算があるとは言えないが、常に目指すべきことだと考えている」

ミルナーは、フルモー、グリーンスミス、ルーベのことは賞賛しながらも、チームは現在マニュファクチャラーズ選手権で3番手に甘んじており、早急に解決策を見出す必要があることを認めている。

「アドリアン、ピエール、ガスは、まだ成長過程だ」とミルナーは付け加えた。
「もちろん、長期的に見れば、3人の優れた若手ドライバーが揃っているということであり、3年後、4年後には、彼らがいま欠けているポジションを埋めてくれるようになることを期待している。しかし、同時に今すぐにでも対策を立てなくてはならないこともある。あきらめることはできない。そうやって、今あるものだけでやりすごしていたら、絶対にうまくいかないんだ。頭の中では現在進行形で、試行錯誤の方法を見つけなければならないと思っている。簡単なことではないが、絶対にあきらめない」



RALLY CARS