WRCフィンランド:勝田貴元「最大の目標は表彰台に上がること」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCフィンランド:勝田貴元「最大の目標は表彰台に上がること」

©WRC PROMOTER

今週開催されるWRC第8戦ラリーフィンランド(グラベル)にトヨタGRヤリス・ラリー1で参戦する勝田貴元。リラックスした雰囲気のメディアアワーで抱負を聞いた。ラリージャパン観戦チケットがすぐに完売したことについても、「うれしい驚き」と語っている。

──勝田選手にとってはホームイベントと呼べるラリーが始まります。
「まさにホームというか、快適にレッキができました。ロードセクションでも『あ、ここはいつも買い物をする場所だ!』なんて思いながら走っています(笑)」

──レッキを終えてみていかがでしたか。
「僕にとっては金曜日の2本目のランカマーと土曜日の最後のベックラがトリッキーだと思います。2本とも新しいステージです。ランカマーはほかのステージに比べてソフトな路面で、ベックラはステージそのものが特徴的。ハイスピードなんですが、すぐに道幅が狭くなって、ツイスティなセクションも多いですね。グリップレベルは両方とも同じくらいだと思いますが、ステージの種類がトリッキーだと思います」

──エストニアでもハイスピードグラベルでしたが、前回走り切ったことでマシンに自信がついたのでは?
「エストニアとはけっこう路面が異なります。エストニアではあまり良いドライビングができませんでしたが、ラリーの最後の方にはいいフィーリングを得ることができました。フィンランド向けのテストでも良い感触だったので、ここでもっとプッシュできればと考えています」

──今回のラリーでの目標を聞かせてください。
「もちろん、良い結果を出したいと考えています。最大の目標は表彰台に上がることですが、TGRチームにはフィンランド優勝経験者がふたりいますし、とても速くて若いフィンランド人ドライバーもいますからね(笑)。それに、他のチームのライバルもたくさんいます。とにかくその中でベストを尽くすことだと考えています」

──ラリージャパンの観戦チケットがすぐに完売したというニュースを受けて、いかがでしょうか。
「すぐに完売したことはとてもうれしい驚きでしたし、ファンの皆さんがラリージャパンに期待していることが伝わってきます。もっとも、自分としては自分の走りにしっかりと集中し、ここでも良い結果を出すことによって確実に自分の成長を見てもらえるよう頑張っていきたいと思います」
(Keiko Ito)

WRC PROMOTER

RALLY CARS