Mスポーツ・フォードはローブにあと4戦を希望、復帰初戦はポルトガル? – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ・フォードはローブにあと4戦を希望、復帰初戦はポルトガル?

©WRC PROMOTER

Mスポーツ・フォードは、セバスチャン・ローブに対して、今季さらに4戦に参戦してもらいたいと希望しているようだ。マネージングディレクターのマルコム・ウィルソンは、どのイベントになるかは明かさなかったものの、開幕戦ラリーモンテカルロでフォード・プーマ・ハイブリッド・ラリー1を勝利に導いたローブの走りを近いうちに目にしたいとしている。

「現状はあと4戦を目指している」とウィルソンはwrc.comに語っている。「今の時点で話せるのはそれだけ。全力で取り組んでいるところだ。もちろん、スウェーデンはその中には入らないし、クロアチアに関しても彼自身が(ないと)言っていた。どこまでできるか分からないが、ひとつ確かなのは、彼とイザベル(ガルミッシュ、コ・ドライバー)が近いうちに再び我々のところに戻ってくれることを心から楽しみにしているということだ」

WRC9連覇王者のローブは、1月のWRC開幕戦モンテカルロで現WRC王者のセバスチャン・オジエと激戦を展開し、これを制した。

「モンテカルロでのセブは、本当に見事だった」とウィルソン。
「すでに第一線を退いているし、そのほかのあらゆる状況を考えるとなおさらだ。1年間WRCから遠ざかっていて、ダカールラリーに参戦していたからラリー1車両に乗る時間もあまりなかった。コ・ドライバーも、WRCに一緒に出るのは初めてだった。セブとは2005年に契約寸前まで進んだが、今になって、どれだけのことを逃していたのか理解することができる。彼は非常に特別な存在だ」

「あのプロトタイプマシンに初めて座った瞬間から、とてもドライビングしやすそうでマシンにも満足していた。それはずっと変わらなかった。モンテカルロでは、コンディションが変わっても、マシンのセッティングをひとつも変えなかった。サスペンションのクリックさえ変えなかったんだ。これは、彼の最も優れたところのひとつかもしれない」

ドライバーズ選手権では首位に立っているローブは第2戦、第3戦には出場しないが、シーズン最初のグラベルラリーとなる5月のポルトガルに復帰するのではないかという憶測が流れている。ローブは、WRCポルトガルで2007年と2008年に連覇を達成している。



ラリプラメンバーズ2022募集中!!