WRCスウェーデン:4台のGRヤリス・ラリー1がトップ5につける – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスウェーデン:4台のGRヤリス・ラリー1がトップ5につける

©TOYOTA

2月26日(土)、WRC第2戦スウェーデンの競技2日目が行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンが首位に立ち、エルフィン・エバンス/スコット・マーティンが総合2番手にポジションアップ。エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルムは総合4番手、勝田貴元が総合5番手で続いている。

(以下チームリリース)


競技2日目を迎えたラリー・スウェーデンは、3本のスノーステージを日中のサービスを挟んで各2回走行。6本のステージの合計距離は82.30kmでした。早朝、ステージの気温はマイナス7度前後と低く、氷雪路面は全体的に硬く締まった状態でした。

デイ1で2本のベストタイムを記録し、首位と4.3秒差の総合2位につけたロバンペラは、デイ2オープニングのSS8で首位にポジションアップ。その後3本のベストタイムを刻むなど、一日を通して好調を維持。総合2位に順位を上げたエバンスに8.3秒差をつけ、首位でデイ2を走りきりました。デイ1で首位と7.4秒差の総合3位につけたエバンスは、SS8でベストタイムをマークし、SS10では総合2位に順位を上げました。SS12でもベストタイムを記録し、首位ロバンペラとの差を1.2秒に縮めましたが、その後のステージで差は拡がり、総合2位で一日を終了。総合3位のライバルとの差は13.4秒となっています。ラッピは、SS8で2番手タイムを刻み、SS11では総合3位に順位を上げましたが、SS14でポジションを下げデイ1と変わらぬ総合4位に。総合3位のライバルとの差は4.2秒と、依然表彰台を狙える位置につけています。

なお、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team Next GenerationからGR YARIS Rally1で出場の勝田貴元は、総合5位に順位を上げました。GR YARIS Rally1はデイ2の6本のステージのうち、5本でベストタイムを記録。SS8ではトップ4タイムを占めるなど、ハイスピードなスノーステージで全車が速さを示しました。

ヤリ-マティ・ラトバラ
我々のドライバーたちも加わった接戦を、とてもエンジョイしました。このようなポジションにいるときは本当に強いということを、カッレは今回も示しました。最後から二番目のステージのタイムは驚くべきもので、今回のようなハイスピードなラリーでは、そう簡単には築くことができないようなタイム差でした。彼はもちろん有利な位置にいますが、エルフィンもそれほど大きくは離されていません。今回も、彼らには最後までフェアに戦ってもらいたいと思います。また、エサペッカもいい位置につけているので、明日は3位争いをしてくれることを期待しています。最後に、今日は貴元にとってもポジティブな一日だったので、本当にいい一日になりました。

エルフィン・エバンス

TOYOTA


今日、クルマは概ね好調で、本当に楽しんで走ることができました。自分のドライビングについては、何度かミスをしましたが、悪くはなかったと思います。カッレの走りはとても良くて、いくつかのステージで自分よりも少し速く、午後は差が拡がってしまいました。それでも、まだ接戦状態にあると思うので、明日はベストを尽くし、最後の最後まで戦い続けます。

カッレ・ロバンペラ
全体的に良い一日でしたし、この位置にいられることを喜ぶべきでしょう。最初のステージは、ライバルたちと比べると少し苦労したように思いますが、2本目のステージに関しては午前も午後も速く、挽回することができました。首位に立ったのはもちろん良いことですが、リードは十分とはいえないので、明日は朝からハードに攻めなくてはなりません。

エサペッカ・ラッピ

TOYOTA


クルマの調子は良くて、フィーリングも素晴らしく昨日よりも好調でした。安定した走りができていたと思いますが、各ステージでチームメイトに対し少しずつ遅れをとってしまいました。彼らのペースに追いつくためには、クルマの細かい部分のセッティングを改善し、さらに長い距離を走る必要があると思います。明日は、最後までプッシュし続けるつもりです。

ラリー・スウェーデン デイ2の結果
1 カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン(トヨタ GR YARIS Rally1) 1h45m26.7s
2 エルフィン・エバンス/スコット・マーティン (トヨタ GR YARIS Rally1) +8.3s

3 ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ (ヒョンデ i20 N Rally1) +21.7s
4 エサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム (トヨタ GR YARIS Rally1) +25.9s
5 勝田 貴元/アーロン・ジョンストン (トヨタ GR YARIS Rally1) +1m44.8s

6 ガス・グリーンスミス/ヨナス・アンダーソン (フォード PUMA Rally1) +2m48.1s
7 オリバー・ソルベルグ/エリオット・エドモンドソン(ヒョンデ i20 N Rally1) +5m19.9s
8 アンドレアス・ミケルセン/トシュテン・エリクソン (シュコダ ファビア Rally2 evo)+5m33.5s
9 オーレ・クリスチャン・ヴェイビー/スティグ・ルネ・シャーレモエン (フォルクスワーゲン ポロ GTI R5) +5m44.0s
10 ニコライ・グリアジン/コンスタンティン・アレクサンドロフ (シュコダ ファビア Rally2 evo) +6m04.1s

明日のステージ情報
競技最終日となる2月27日(日)のデイ3は、サービスパークの北西で、日中のサービスを挟むことなく2本のステージを各2回走行します。4本のステージの合計距離は56.84kmと3日間で最短。リエゾン(移動区間)も含めた一日の総走行距離は353.48kmとなります。なお、最終ステージのSS19は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!