WRCモンテカルロ:トヨタ、ハイブリッドの新規定ラリー1マシンでの初勝利を狙う – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンテカルロ:トヨタ、ハイブリッドの新規定ラリー1マシンでの初勝利を狙う

©TOYOTA

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、1月20日(木)から20日(日)にかけてモナコを拠点に開催される2022年WRC開幕戦「ラリーモンテカルロ」(ターマック&アイス)に、セバスチャン・オジエ/バンジャマン・ベイヤ、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネンの布陣で、今季から導入される新規定ラリー1仕様のマシン、GR YARIS Rally1を3台エントリーさせる。また、日本の勝田貴元は、新チーム、TOYOTA GAZOO Racing WRT Next Generationからアーロン・ジョンストンと組んでWRCフル参戦2シーズン目に同じくGR YARIS Rally1で挑む。

(以下チームリリース)


WRC新時代が2022年開幕戦ラリー・モンテカルロでスタート
新開発のハイブリッドラリーカー、GR YARIS Rally1で優勝を目指す

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、1月20日(木)から23日(日)にかけて、モナコおよびフランスで開催される、2022年FIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦「ラリー・モンテカルロ」に、セバスチャン・オジエ/ベンジャミン・ヴェイラ組(GR YARIS Rally1 1号車)、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組(33号車)、カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(69号車)の、3台のGR YARIS Rally1で参戦。ハイブリッドユニットを搭載する新開発のトップカテゴリー・ラリーカーで、90回目の開催を迎える伝統のラリー・モンテカルロに挑み、2年連続優勝を目指します。

2017年にデビューしたヤリスWRCは、昨シーズンの最終戦ラリー・モンツァ(イタリア)で通算26勝目を飾り、ドライバー選手権、コ・ドライバー選手権、そしてマニュファクチャラー選手権を制し、3冠を達成しました。それからわずか8週間後、チームは新たに開発したGR YARIS Rally1を、2022年シーズンの開幕戦ラリー・モンテカルロに投入します。1997年から2021年まで25年間WRCのトップカテゴリーを支えてきたWRカーに替わり、2022年からはハイブリッドユニットを搭載するRally1が最上級カテゴリー車両となります。3.9kWhを発生するバッテリーとモータージェネレーターユニット(MGU)からなるハイブリッドユニットは、加速時に最大で100kw(134PS)のハイブリッドブーストを発生します。それに組み合わされるエンジンは、ヤリスWRCで実績を積んできた1.6リッター4気筒直噴ターボを最適化したものとなり、システム全体では500ps以上の最高出力を発生します。また、FIAの世界選手権として初めて、100%サスティナブルな燃料を使用することもRally1車両の大きな特徴です。

シャシーに関しては、新たに専用開発のスペースフレームを採用し、ドライバーおよびコ・ドライバーの安全性を従来よりもさらに高めています。その他にもエアロパーツの簡素化、メカニカルギアシフトの採用、アクティブセンターデフの廃止など、新しいRally1レギュレーションに準拠したシンプルな設計がなされており、これまで以上にドライバーのテクニックの差が出やすいクルマとなっています。また、ステージ中にハイブリッドブーストをいかに上手く扱うかもRally1では重要な要素となり、ドライバーだけでなく、エンジニアにとっても大きなチャレンジとなります。

昨年の春に走行試験を開始したGR YARIS Rally1は、その後テストを重ねて進化を続け、ここ数週間は2022年の開幕戦であるラリー・モンテカルロにフォーカスしたテストを行なってきました。1911年初開催の、WRCで最も長い歴史を誇るラリー・モンテカルロは、基本的にはフレンチアルプスを舞台とするターマック(舗装路)ラリーですが、山間部のステージには降雪路面や凍結路面もあり、天気に大きく左右される非常に難しいイベントとして知られています。そのため、新設計のクルマで戦いに臨む選手たちにとって、今年のモンテカルロは例年以上に大きなチャレンジとなります。また、今年はラリーの中心がフランス南部のギャップからモナコへと移り、2021年大会と比較すると、約85%が新しいステージとなります。しばらく使われていなかったステージや、新しいステージが増えることも、ラリーの難易度を高める要素となります。

ラリーは20日(木)の午前中にシェイクダウンが行われ、その夕方、モナコ中心部カジノ広場でのセレモニアルスタートで開幕します。その後選手たちはモナコの北側エリアに広がるフランスの山岳地帯を目指し、夜8時過ぎから2本のステージが行われます。そのうち2本目のSS2は、2013年以降実現していなかった、夜のチュリニ峠を走るステージです。この、初日の2本のステージに、昨年8回目のドライバーズタイトルを獲得したオジエは1番手の出走順で挑みます。これまでに8回ラリー・モンテカルロを制しているオジエは、長年コンビを組んできたコ・ドライバーのジュリアン・イングラシアが昨シーズンをもって引退したため、新たにベンジャミン・ヴェイラをコ・ドライバーに迎え、昨年に続く優勝を狙います。ただし、今シーズンの出場はモンテカルロを含む数戦に限られ、オジエはエサペッカ・ラッピとクルマをシェアすることになります。また、昨年ドライバー選手権2位のエバンスと、同4位のロバンペラは全戦に出場し、ドライバーズタイトルの獲得を目指します。なお、昨年のサファリ・ラリーで総合2位を獲得した勝田貴元と、コ・ドライバーのアーロン・ジョンストンは、新たに創設されたTOYOTA GAZOO Racing WRT Next Generationからシーズン全13戦に出場し、4台目のGR YARIS Rally1をドライブします。

競技2日目の21日(金)は、モナコの北西エリアに広がるフランスの山岳地帯で3本のステージを各2回走行。今大会最長のステージ距離を走る一日となりますが、日中のサービスがなくピュジェ=テニエでのタイヤフィッティングゾーンしか設定されないため、新開発のクルマをドライブする選手たちにとっては非常に難しいチャレンジとなります。翌22日(土)は、前日よりもさらに遠く西に離れた、ディーニュ=レ=バン周辺の山岳地帯が戦いの舞台に。5本のステージを走るこの日もまた日中のサービスはなく、クルマに大きなダメージを与えないドライビングが求められます。最終日の23日(日)は、金曜日のステージに近いアントルヴォーの周辺で2本のステージを各2回走行。最終のSS17は、トップ5タイムを記録した選手とマニュファクチャラーにボーナスの選手権ポイントが与えられる「パワーステージ」に指定されています。ステージは全部で17本、合計296.03km。リエゾン(移動区間)も含めた総走行距離は1511.47kmが予定されています。

ヤリ-マティ・ラトバラ (チーム代表)
ラリーの新しい時代が始まる瞬間は、とてもエキサイティングです。まだ分からないことが多くありますが、ラリー・モンテカルロではその答えがいくつか出るでしょう。我々はチームとして一生懸命準備をしてきましたが、それぞれのクルマにどのような違いがあるのかは、最初のラリーまで誰にも分かりません。また、どのドライバーが新しいクルマに一番自信を持っているのか、誰が自信を持ちきれていないのか、その違いが見えるかもしれません。ドライビングやセットアップの方法など、多くの変化にドライバーは適応しなくてはなりません。我々のテストでは、ドライバーが自信を持ち、気持ちよく運転できるようにすることが最も重要だったと思います。ドライバーにとって、モンテカルロはチャンピオンシップの中で最も難しいラリーであり、路面コンディションにも大きく左右されます。クルマのパワーは増えましたが、それを雪や凍結したコンディションでどのように使うのか?そして何よりも、サービスパークがギャップからモナコに移動することで新しいステージが増えるなど、未知なる部分が多いため、とてもエキサイティングなラリーになるでしょう。

セバスチャン・オジエ
自分のキャリアにおいて、これまでとは違うステージが始まろうとしています。シリーズ全戦に出場するわけではないので、一年のこの時期としては例年と少し異なる感覚です。それでも、TOYOTA GAZOO Racingのプログラムに参加することはエキサイティングですし、ラリー・モンテカルロは私にとっていつだって特別な一戦です。私は依然として選手であり、勝ちたいと思っているので、ベストを尽くして戦います。チームはこの新世代のクルマの準備に一生懸命取り組んできましたし、テストをする度にクルマは大きく進化しました。12月に3日間、先週も1日、GR YARIS Rally1をテストし、モンテカルロのための準備を進めてきました。かなり大きく変わったクルマに適応することは、とてもエキサイティングなチャレンジです。ただし、今年のモンテカルロはこれまで以上に不確実な要素が多いため、誰にとっても大きなチャレンジになると思います。

エルフィン・エバンス
WRCという非常にエキサイティングな競技で、また新たなクルマで挑戦をするのがとても楽しみです。GR YARIS Rally1を最初にテストした時から、クルマは順調に進化してきましたが、モンテカルロが始まるまでは、ライバルとの相対的な力関係を知ることは不可能です。いろいろなことが変わり、白紙状態からのスタートになります。開発し尽くされ、全てがとてもイージーに感じられるようになっていたクルマから乗り換え、未知なる世界に飛び込むことは簡単ではありません。ハイブリッドシステムによるパワーアップは大きな違いであり、それをどのようにマネージするかが、いくつかの状況において非常に重要になるでしょう。テストでは既に多くのことを学びましたし、モンテカルロを皮切りに、一年を通して多くを学び続けることになると思います。とはいえ、モンテカルロは天気に大きく左右される運試しのような要素もあるラリーですし、今年は起点が南に移るため、多くの新しいステージや異なる地形と対峙することになります。

カッレ・ロバンペラ
新しいクルマのフィーリングは良いですし、良い準備もできています。クルマが新しくなるときは常に多くの作業や改善すべき課題に直面するものですが、自分たちは順調に進化させることができたと思っています。特に、ハイブリッドのブーストに慣れるのは興味深い作業でした。パワーが上がるのは、基本的にはいいことですが、それを使いこなす準備ができていないと少し厄介なことにもなり得ます。ドライバーとしては、そのパワーをどう使うかを考えなければなりませんが、他のドライバーよりも上手く使うことができれば、かなり大きな差をつけられるはずです。今年のラリー・モンテカルロは、非常に特別なイベントになりそうです。常にトリッキーなラリーではありますが、今年は新しいステージが多く、マシンも完全に新しくなるのでなおさらです。また、金曜日と土曜日は昼間のサービスがない長い一日になるので、その二日間を問題なく乗り切ることができれば、上出来といえるでしょう。



ラリプラメンバーズ2022募集中!!