スバル、新型WRX S4(日本仕様)とレヴォーグの一部改良モデルを発表 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

スバル、新型WRX S4(日本仕様)とレヴォーグの一部改良モデルを発表

©SUBARU

スバルは11月25日、新開発2.4L直噴ターボ“DIT”エンジンとスバルパフォーマンストランスミッションを搭載した新型「WRX S4」(日本仕様)を発表した。また、レヴォーグは一部改良モデルを発表。同じく2.4L直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載したグレード「STI Sport R」を新たに設定した。


新型「WRX S4」は、動力性能や操縦安定性、静粛性や乗り心地などのあらゆる性能を磨き上げ、卓越した走行性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えたSUBARUのAWDパフォーマンスを象徴するモデル。従来型から排気量を400cc拡大した新開発の2.4L直噴ターボ“DIT”エンジンは、低速域から力強いトルクを発生させるとともにリニアなトルクの立ち上がりによる力強い加速を発揮。この圧倒的なパフォーマンスを、「スバルパフォーマンストランスミッション」によって、エンジンとトランスミッションのきめ細かに協調制御。従来のスポーツリニアトロニックからレシオカバレージを拡大し加速性能を高めるとともに、振動と騒音の低減により、動的質感を向上させた。新開発の変速制御を採用し、滑らかな加速と、リニアなレスポンスを実現。また、8速マニュアルモードの採用により、操る愉しさを提供するという。

SUBARU

エクステリア面では、ヘキサゴングリルを起点とした立体的で彫りの深い造形やワイド&ローを強調したフロントバンパーや、力強く張り出したフェンダーや勢いのあるキャラクターラインで躍動する走りを表現。ボディ下部のスポーツサイドガーニッシュには、空気の流れを整えるヘキサゴン空力テクスチャーを施し、表面の凹凸が大きな空気の渦の発生を防ぎ、操縦安定性を高めるという。

価格は、477万4000円〜400万4000円。
(いずれも消費税10%込みのメーカー希望小売価格)


SUBARU

SUBARUに受け継がれるグランドツーリングのDNAを継承するモデル、レヴォーグは、サンルーフをメーカー装着オプションとして新たに設定したほか、パワーリヤゲートは、車内からドアロック2している状態でも運転席スイッチでの開閉操作が可能となった。さらに安全面では、アイサイトXの「ドライバー異常時対応システム」機能により車線内で停車した際、全てのドアを自動で開錠し、非常時の車外からのアクセス・救出をスムーズに行えるように。ボディカラーに、「セラミックホワイト」、「サファイアブルー・パール」、「イグニッションレッド」を新たに設定した。

加えて、新開発「2.4L直噴ターボ“DIT”エンジン」を搭載したハイパフォーマンスモデル「STI Sport R」グレードを新たに追加した。

価格は、438万9000円〜310万2000円。
(消費税10%込みのメーカー希望小売価格)

詳細は、SUBARU公式サイトにて。
https://www.subaru.jp

RALLY CARS