WRCモンツァ:ヌービル「タイムが出ない理由が分からない」デイ1コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCモンツァ:ヌービル「タイムが出ない理由が分からない」デイ1コメント集

©Hyundai Motorsport GmbH

ラリーモンツァ、デイ1終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。ドライバーズタイトルを争うトヨタのふたりに20秒以上差をつけられての3番手につけるティエリー・ヌービル。通常、i20クーペWRCが得意とするトリッキーな区間でもタイムが出ないことへのもどかしさを吐露した。

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エルフィン・エバンス/総合首位

Toyota Gazoo Racing WRT

「午前は霧が深く、グリップレベルが常に変化して湿ったところもあれば違う路面もあるなどチャレンジングだったが、走るのが本当に楽しかった。セブに対して少しタイムをロスして数秒の差がついたので、フラストレーションがたまった。でも、午後は内容が良くなった。今年は、ここのステージでいい走りをするためにすごく努力してきた。リードしているのはいいことだが、セブとの差はほぼないに等しい。山間部では彼の方が少し強かったので、この点を振り返り、明日の午前に改善できるようにしなくてはならない」

■セバスチャン・オジエ/総合2位

Toyota Gazoo Racing WRT

「いい1日だった。午前は山間部のステージでの走りをすごく楽しめた。マシンのフィーリングはよく、イベント前のテストでいい仕事ができたので、それがタイムに表れてよかった。気持ちよくドライブができると、限界近くまで攻められるが、それでも余裕を感じられる。午後のサーキット周辺のステージは、ヒットしてしまうものがたくさんあったので少し安全圏での走りになったしSS5でトラブルもあったため、少しタイムに響いてしまった。でもOK、今の状況には満足しているし、明日もこの調子を続けていかなくてはならない」

■カッレ・ロバンペラ/総合9位

Toyota Gazoo Racing WRT

「このラリーでのプランは、マニュファクチャラーズポイントを獲得すること。大きなリスクは一切負いたくないし、チームメイトに何かがあった時のために自分がポイントを獲れるようにしておく。チームにとって非常に重要な週末だし、自分もできる限り貢献したい。午前の山間部のようにコンディションがトリッキーでたくさんタイムをロスしかねない時は、特にドライブが楽ではない。午後のモンツァのステージの方がより楽しめた。セクションによっては、グラベルや泥が出ていてトリッキーではあったけれどね」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合3位
「今日のパフォーマンスには満足していると言っていい。午前は、限界ギリギリまですごくハードにプッシュし、フィーリングもよかった。ドライビングを楽しめていたが、タイムにつながらなかった。通常、トリッキーなコンディションではこのマシンは速いのだが、今回はそうならなかった。正直それがなぜなのか分からない。スペインでも、ダーティな場所では自分たちは速かったのだが、今日の午前は何かが足りていなかったようだ。サーキットの周辺では速さはあったので、明日の山間部ステージがどうなるか、様子を見なくてはならない」

■ダニ・ソルド/総合4位

Hyundai Motorsport GmbH

「マシンのセッティングに少し苦戦し、特にスリッパリーなセクションではライバルに対しかなりロスした。午前のループは今ひとつで、とにかく求められるような正確な走りができなかった。午後はフィーリングはよくなったが、トリッキーである状況に変わりはなかった。マシンに少し変更を行いカタルーニャと同じ方向性に寄せたら、今日1日模索していた正確性をつかむことができた。小さな変更だが、大きな変化につながった。明日のステージは、とにかく過酷だと予想している」

■テーム・スニネン/総合8位

Hyundai Motorsport GmbH

「i20クーペWRCで初めて走るチャレンジングな1日だった。このマシンでは1日しかテストしていないので、トリッキーな場所ではハードにプッシュする自信を持てていなかった。最初は慎重になり過ぎたが、ステージを重ねることにハッピーになっていた。少し苦戦していた時間もあったが、学びながらこのマシンでの経験を積む過程の一部。ドライバーなら優勝争いをしたいと思うものだし、それは自分も同じなので、土曜日にいいフィーリングをつかめれば、もう少し攻めていきたい。同時に、マシンを無傷に保ってフィニッシュすることも重要だ」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■ガス・グリーンスミス/総合7位
「いいステージだった。これ以上、できることはなかったと思う。楽しめる1日だったし、明日も同じようにしていきたい。とても楽しいよ」(SS7終了後)

■アドリアン・フルモー/SS3でデイリタイア
「早すぎる終わりを迎えてしまった。(転倒したが)自分たちは大丈夫。マシンも無事だ。再スタートを検討する前に、マシンのチェックを行わなくてはならないけどね。最初のループで選んだタイヤで、難しい状況になってしまった。細かいミスや挑戦したことが重なって、痛い出費になってしまった。明日、再スタートできることを祈っている。そうすれば、フィエスタWRCでの冒険をいい形で終えることもできるからね」

RALLY PLUS