セバスチャン・ローブがMスポーツ・フォードのプーマ・ラリー1を再テスト – RALLYPLUS.NET ラリープラス

セバスチャン・ローブがMスポーツ・フォードのプーマ・ラリー1を再テスト

©WRC PROMOTER

Mスポーツ・フォードが先週、2022年のWRCから投入するハイブリッド規定のプーマ・ラリー1での大規模なテストをフランスで行った。このテストには、クレイグ・ブリーン、ガス・グリーンスミスに加え、セバスチャン・ローブとアドリアン・フルモーが参加した模様だ。wrc.comが伝えた。

ブリーンとグリーンスミスは、すでに2022年にMスポーツ・フォードから参戦することが発表されているが、フルモーについてはプログラムの確定が待たれる状況。さらに、ローブが2022年、どのようにMスポーツ・フォードで競技活動を行うのかも、まだ発表されていない。

チームは今月にもテストを行った後、2022年1月20〜23日のWRC開幕戦ラリーモンテカルロのプレイベントテストに向けて、再びフレンチアルプスを訪れる。

チーム代表のリチャード・ミルナーは「いい一週間だった。誰がマシンに乗ったのか、個々についての話はしないが、全ドライバーのテストによっていい前進ができたと言える」

「1週間前に現行マシン(フィエスタWRC)に乗っていたドライバーがいたことも興味深い点。彼らにとっては、それぞれのマシンを乗り比べるいい機会になったし、プーマに関してのフィードバックは非常にポジティブだった。今の状況については非常に満足だ。チームは2022年に向けて一致団結している。2021年は我々にとってはかなり長く感じたが、たくさんの成功をもたらしてくれたフィエスタWRCでの活動は、いつでも喜びに満ちていた。でもこれからは、将来に向けて歩み出す時だ」

先週は、WRCのマニュファクチャラーズ選手権3チームのすべてがテストを行っており、ヒュンダイはチーム拠点のドイツ・アルゼナウ近郊で走行。トヨタは、Mスポーツ・フォードと同じくフレンチアルプスでテストを行ったが、チームメイトのエルフィン・エバンスがクラッシュしたため、セバスチャン・オジエの初めてのGRヤリスのドライブは直前で中止となってしまった。チームは、現場でマシンを修復するのではなく、テストを中断することを選択。トヨタは今月、再びテストを行う予定で、オジエはこの時に2日間走行するものと見られる。



ワールドラリーカレンダー好評発売中!!