イープルラリー、2022年はERCと日程調整つかず国内戦のみ – RALLYPLUS.NET ラリープラス

イープルラリー、2022年はERCと日程調整つかず国内戦のみ

©CLUB SUPERSTAGE

イープルラリーを主催するクラブ・スーパーステージは、2022年の開催日程として6月23〜25日を発表した。今季は開催キャンセルとなったWRC英国の代替として、ベルギー初のWRCを8月13〜15日に開催したが、2022年は伝統の6月に会期を戻し、ベルギー選手権第6戦として開催する。一方で、2016年以来となるERCへの復帰も目指していたが、ERCカレンダーとの調整がつかず、かかるタイトルは国内選手権のみとなった。

クラブ・スーパーステージのチェアマン、アラン・ペナスは「ERCの一戦として開催することを目指しており、WRCプロモーターと折り合いのつく会期について時間をかけて交渉していたが、もちろんERCカレンダーにはすでに会期が固まっていたイベントもあった上に、我々はWRCカレンダーのことも視野に入れなくてはならない。WRCプロモーター、イープル市、クラブ・スーパーステージの全者にとって適切な会期をすりあわせることができなかった。我々としては伝統的な会期をあきらめたくはなかったので、2022年のイープルラリーを6月23〜25日に開催することを決定した」と状況を説明している。

WRCプロモーターは、2022年からERCのプロモーターを引き継ぐことが決まっており、クラブ・スーパーステージは、2024年に再びベルギーでWRCを開催することに向け、2022年からの2年間ERCを開催すると見られていた。



ヘルメットのペイントはじめました!