WRCスペイン:エバンス「ある部分を修正しようとして全体のバランスを崩した」デイ2コメント集  – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCスペイン:エバンス「ある部分を修正しようとして全体のバランスを崩した」デイ2コメント集 

©Toyota Gazoo Racing WRT

ラリースペイン、デイ2終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。セバスチャン・オジエ以外では唯一、タイトルチャンスを残しているエルフィン・エバンス。初日は会心の滑り出しを見せていたが、この日はトリッキーなコンディションの中でセッティング調整が思い通りの方向に進まず、歯がゆい1日となったようだ。
(カッコ内は順位の前日比)

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■ティエリー・ヌービル/総合首位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「いい1日だったし、ラリーの首位に立って最終日を迎えるのはもちろん、すごくいい気分。ラクではなかった。序盤は霧が出ていて道はすごくダーティだったから、ノートクルーからの情報に頼った部分が多かった。クレバーなアプローチをとり、きついインカットは避けてパンクのリスクを負わないようにした。昨日、重要なセッティング変更を行ったことでマシンの力をもっと出せるようになったが、もっとマシンを速くすることができる。それでもドライブはしやすいし、7SS中、6本でベストタイムをマークしたから悪くはないよね! 首位に立っているのはいいものだが、まだチャレンジングなステージが残っている。何も保証はされていないが、信じ続けるよ」

■ダニ・ソルド/総合4位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「正直、今日のパフォーマンスにはすごく満足。特に、エル・モンテメルだね。もちろん、優勝争いができればよかったが、3位を目指してセバスチャン(オジエ)にハードプッシュをかけ続けた。午前中はいい戦いができたが、午後は常に彼が上にいて好タイムをマークしていた。その差を詰めるのは難しかった。できることの最大限をやったし、彼に近いペースも出していた。明日もポディウムを目指してプッシュするが、難しいこともわかっている。集中を維持して、ベストを尽くす」

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■エルフィン・エバンス/総合2位(=)
「今日はあまり素晴らしい1日とは言えず、思うような内容にできなかった。タイムはOKだったが、もちろん昨日ほどではない。昨日の午後や、走行順がもっと遅くなった今日の午前のように苦戦していたダーティな場所での、マシンの特定の部分を改善させようと努めていた。ある程度は改善できたが、その過程でマシンの全体的なバランスを崩してしまった。どうにかしようと努めたが、うまくいかなかった。スイートスポットを見つけられず、昨日ほどドライビングのしやすさを感じられなかった。ここでは絶対の自信を持っていなくてはならないが、今日はそこまで自信がなくそれがタイムにも現れていた。でも、明日は挑み続けるよ」

■セバスチャン・オジエ/総合3位(=)
「午前中は、改善できた部分があった。バランスに満足できるようになったし、少なくともクリーンなセクションではマシンのドライビングを楽しめた。それでも、タイムはそれほど良くなかった。その後もマシンのセッティング作業を続け、サービスの後はフィーリングがよくなり始めてタイムも出てきて、午後はいい内容になった。残念ながら、最後のステージのヘアピンでエンジンがストールしてしまい、また後ろとの差が詰まってしまったが、マシンが自分に合っているのはポジティブな点だしペースも出ているので、明日に向けては、まだとても自信を持っている」

■カッレ・ロバンペラ/総合5位(=)
「今日はペースが格段によくなり、最大リスクを負うことなくいいタイムを出せた。昨晩もセッティングの変更を行い、今日最初のステージから、霧が出ていたり湿った場所があるすごくトリッキーなコンディションでも、かなりいい走りができた。2本目ではスローパンクをしてしまい、3本目では危ない場面もあったが、全体としては午前中はいい内容でマシンにもハッピーだった。午後はまたトリッキーになり、カットでグラベルがたくさん出ていたが、誰ともバトルになっていないので大きなリスクを負わずにステディな走りに努め、学び続けている。明日の目標は安全にラリーをフィニッシュすることだが、パワーステージではポイントを狙ってプッシュしていく」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■ガス・グリーンスミス/総合6位(↑)

M-SPORT

「日中サービスでアドリアン(フルモー)のセッティングをコピーして、そこからはペースがよくなった。終盤のステージでセンサーにトラブルが発生し、水温を管理することができなかった」

■アドリアン・フルモー/総合20位(↓)
「SS11で小さなミスをしたが、ドライブシャフトが壊れマシンが動かなかった。デファレンシャルを調整しなくてはならなくなったが、ステージはフィニッシュした。リエゾンでステアリングアームとサスペンションを修復した。今は2WDの状態なので、ドライビングがすごくトリッキーだった」(最終SS終了後)

RALLY PLUS