ラリーギリシャ、WRC開催契約を2023年まで延長で合意 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

ラリーギリシャ、WRC開催契約を2023年まで延長で合意

©Toyota Gazoo Racing WRT

アクロポリス・ラリーギリシャが、今後、少なくとも2シーズンはWRCカレンダーに入ることが決まった。

今月、2013年以来となるWRC開催を成功裏に収めたギリシャだったが、今回は2年間契約の1年目だった。ギリシャ中部のラミアを拠点としたこのイベント終了後、主催者は、現在の契約を2023年まで延長することがすでに合意に達したと明かした。

ギリシャのスポーツ担当副大臣、レフテリエス・アブゲナキスは「FIAとWRCプロモーターは、アクロポリスラリーの完成度の高さを認め、当初2021〜2022年と2年間の契約だったWRCの開催契約を、2023年まで延長することになった」と語った。

プロモーターのパブロス・アタナソウラス率いるアクロポリスラリーの主催者は、WRC復帰戦の手腕が広く称賛されており、FIA総裁のジャン・トッドは現地のジャーナリストに対し「このイベントは卓越している」と語った。

トッドはアテネで行われたセレモニアルスタートに出席した後、スーパーSSも観戦。翌金曜日のルートを訪れた後、ラミアに設定されたサービスパークも訪れている。
(Graham Lister)

ACROPOLIS RALLY

RALLY PLUS