WRCギリシャ:ロバンペラ「金曜日の時点からフィーリングがよかった」デイ4コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCギリシャ:ロバンペラ「金曜日の時点からフィーリングがよかった」デイ4コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

アクロポリス・ラリーギリシャ、フィニッシュ後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。8年ぶりにカレンダーに復帰した難関グラベルラリーで、カッレ・ロバンペラはSS3から首位に立った後、その座を譲ることなくフィニッシュまで駆け抜けた。将来のWRC王者候補筆頭の非凡な才能を余すことなく発揮した。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■カッレ・ロバンペラ/総合優勝(=)
パワーステージ1位
「このギリシャで勝てて、本当にいい気分。正直、すごくタフなラリーだったし、レッキをしなくてはならないステージがたくさんあって1週間が長く、オンボードを見直すので夜も長かったから、このリザルトでフィニッシュできて本当にうれしい。金曜日の時点から手応えを感じていたが、土曜日はまったく違うステージだったのでセッティングを変更したが、マシンのフィーリングはさらに良くなった。とてもいい形で進んだし、ドライビングもすごく楽しめた。チームには心から感謝したい。みんながいい仕事をしてくれてマシンはトラブルなく走ってくれた。フィンランドでも同じような速さを見せたい」

■セバスチャン・オジエ/総合3位(=)
パワーステージ3位

ACROPLIS RALLY

「自分たちにとって、とてもいい結果。今回の目標は選手権でのリードを維持することだったが、拡大できたのですごくポジティブだ。自分たちはとてもクレバーなラリーをしたと思う。コンディションは常にチャレンジングだった。カッレと同等のペースではなかったことは明らか。彼はすごくノっていたし、みんなと比べてもひとつ上のレベルだった。勝利にふさわしい走りをした彼を讃えたい。順位の点では、金曜日を終えた時点で選手権のことを視野に入れていたので、気持ちの中ではラリーに勝つためにリスクを負わないつもりだったから、3位でのフィニッシュにはすごく満足している」

■エルフィン・エバンス/総合6位(↑)
パワーステージ2位

ACROPOLIS RALLY

「今回は自分たちに流れがなかったが、ラリーではこういうこともある。このチームで金曜日のようなトラブルが起きるのは、とても珍しいことだった。マシンのフィーリングは基本的にかなり良かった。今日、最終的に6位に入れたのは、ほかのドライバーが午前中にトラブルに遭ったことでもらったようなもの。パワーステージも完璧な走りではなかったかもしれないが、ボーナスポイント4を獲得できたのは良かったし、少なくとも今回の状況を切り抜けた」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■オィット・タナック/総合2位(=)
パワーステージ5位

Hyundai Motorsport GmbH

「チャレンジングな週末を終えて2位に入り、またポディウムに上がれたことは良かった。楽なラリーではなかったが、マシンのフィーリングを良くするための改善策を見つけるために必死に取り組み、ポジティブな兆候も見られた。カッレは出だしからトップの走りを見せていたので、2位をキープすることに専念しなくてはならなかった。タイヤに関しては大胆なチョイスもした。ウェザークルーの働きがあったからこそできた決断なので、素晴らしい仕事をしてくれた彼らに感謝したい。まだやらなくてはならないことがあるのは分かっているが、アクロポリスで2位に入ることが精いっぱいだったと思う」

■ダニ・ソルド/総合4位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「タフな週末だった。ペースノートを作らなくてはならなかったデイは難しかったし、その結果、必要なだけの自信を持てていなかった。最終日のコンディションはとても良かったし、好きなステージでもあったが、道を追っていくのが難しい時もあった。4位は自分たちにとって精いっぱいだったので、このリザルトを守ることに集中して、それ以上は求めなかった。カンディード(カレラ、コ・ドライバー)との初めてのWRC。とてもいい仕事をしてくれたが、次はさらによくなれるよう挑んでいく」

■ティエリー・ヌービル/総合8位(↑)
パワーステージ4位

Hyundai Motorsport GmbH

「今週はすべてを尽くして、スタートからフィニッシュまでハードに戦った。残念ながら、それに見合うだけの結果は得られなかった。自分たちのラリーは、金曜日にステアリングのトラブルが起きた時点で終わっていた。その後は、順位を挽回してこのラリーを乗り切ることだけに重点を置いた。正直、結果以上の走りをしたと思う。文句なしに全力を尽くしたが、相応の結果は得られなかった」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■ガス・グリーンスミス/総合5位(↑)

M-SPORT

「今年、チームはラフなラリーでいい内容を見せてきており、順位に関してはもっと上を望めたかもしれないが、トップ5でのフィニッシュは間違いなくいいことだ。自分も精いっぱいを尽くした。最終日の午前はアドリアンがこれまで見舞われたことのないようなトラブルに遭った。それまでは彼といいバトルをしたし、トラブルがなければ少なくとも走り続けていいポイントを獲得できただろう」

■アドリアン・フルモー/総合7位(↓)

M-SPORT

「本当に入り乱れた1日だった。午前中はエンジントラブルでTCに遅れてペナルティを受けた。セカンドベストをマークしたステージも1本あったが、序盤のトラブルでガスに先行を許し、その後は自分の順位を守るしかなかった。パワーステージではミスもした。スピンをしてリバースに入れなくてはならなかった。その後はビッグプッシュをかけたが、7位でラリーを終えることになった。このイベントを経験できたことは素晴らしかったし、ペースを見せてマシンを無事に持ち帰れたことはチームのためにもうれしい。もっと上の順位で終えられなかったことが、とにかく申し訳ない」

■ジョルダイン・セルデリディス/総合22位(↑)

ACROPOLIS RALLY

「楽しかった。ギリシャのファンがたくさん集まってくれたし、ステージも素晴らしかった。マシンを無事に持ち帰ってトップ10でラリーをフィニッシュできて最高。チームは素晴らしいマシンを作ってくれたし、忘れられないイベントになったことをみんなに感謝したい」

RALLY PLUS