WRCギリシャ:オジエ「カッレの強さはお見事」デイ3コメント集 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCギリシャ:オジエ「カッレの強さはお見事」デイ3コメント集

©Toyota Gazoo Racing WRT

アクロポリス・ラリーギリシャ、デイ3終了後の各ドライバーからのコメント(抜粋)。3番手で最終日を迎えることに成功したセバスチャン・オジエは、リードを広げるワークス最年少ドライバー、チームメイトのカッレ・ロバンペラの強さを手ばなしで称賛した。
(カッコ内は順位の前日比)

[トヨタ・ガズーレーシングWRT]
トヨタ・ヤリスWRC

■カッレ・ロバンペラ/総合首位(=)

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日の最初のループは、本当に楽しかった。難しいステージ4本だったからタイム差がこんなについたのは少し驚いたが、車内ではいい仕事をしている手応えも感じていた。タイヤチョイスもみんなとは少し違う選択をし、それがうまくいった。全体的に、自分はハードタイヤの方が少し自信を持てた。2ループ目はセッティングを変更して、ラフなコンディションへの対応を少し強めた。かなりトラクションが減ったが、それでもなかなか調子がよかったし賢明な走りを心がけてつまらないミスもしなかった。フィニッシュまではまだ先が長いので、明日自分たちに何ができるか考えていきたい」

■セバスチャン・オジエ/総合3位(=)
「午前中はかなり安定していた。ものすごく速いというわけではないが、今日の主なターゲットだった3番手キープをするには十分だった。明日、ポディウムでフィニッシュできれば、タイトルに向けてまた大きな前進になる。午前中はカッレがすごく速くて大差をつけた。今日の強さはお見事だ。自分は午後のループの方が良かった。少しでもプレッシャーをかけ続けるというのが重要だし、2番手ともそれほど離れていない。明日はリスクを負う意味はないが、まだ距離がたくさん残っているので何が起きても不思議ではない。誰もが新しいペースノートで挑むことになるステージだが、レッキの時には霧が出ていたので楽にはいかない」

■エルフィン・エバンス/総合7位(↑)

Toyota Gazoo Racing WRT

「今日はかなり良かったし、上位争いの望みがなくなると厳しくなるものだが、正直ドライビングを楽しんだ。それでも、できる限りいい順位に上がることを目指していたし、その意味では今日の目標は果たせた。誰かにトラブルでも起きなければこれ以上、順位を上げるチャンスはないと思うが、明日はできるだけトライしてポイントを持ち帰りたいし、できればパワーステージでもポイントを獲りたい」

[ヒュンダイ・モータースポーツ]
ヒュンダイi20クーペ WRC

■オィット・タナック/総合2位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「最後のステージがターニングポイントだったとは言わないが、確かに解決策を見つけマシンのフィーリングを得るために必死だった。セブ(オジエ)との差を維持するためにタイヤチョイスではほかとは違うことを試し、より際どい選択をした。今のところはこれが自分たちにできる精一杯だし、明日はまた違う1日になる。もっと自信を深めマシンのペースを高めたいが、残り3ステージはトリッキーなのでどんなことも起こり得る。もちろんいいリズムをつかむために、ベストを尽くしていくよ」

■ダニ・ソルド/総合4位(=)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日はかなり長い距離を走ったので、難しいコンディションの長い土曜日だった。4番手はまだ守っているが、トップ3とは差が開いてしまった。今日のはじめに上位に追い付くのは難しいと気付いたので、今の順位を守ってミスを一切しないことに専念した。正直に言えば、今日の内容にはすべて満足したとは言えない。順位のうえでは誰とも争っていない位置にいるし、トップ3のタイムに並ぶこともなかなか難しい。それでも、自分のペースをコントロールできたし、明日もクリーンな走りをすることが重要になる」

■ティエリー・ヌービル/総合10位(↑)

Hyundai Motorsport GmbH

「今日の目標はWRC2勢との差を詰めることだったが、それは果たせた。午前中は砂利掻きが多くチャレンジングだった。R5マシンの方が自分たちよりも速かったステージもあったが、午後のコンディションはよりイコールになったので自分たちもリズムをつかむことができ、順位も上げられた。最終日も出走順がかなり早いのでタフな位置で走ることになるが、すべてを尽くして一切ミスをしないように努める」

[Mスポーツ・フォードWRT]
フォード・フィエスタWRC

■アドリアン・フルモー/総合5位(=)

M-SPORT

「今日のステージは、昨日のような大きな石のリスクは少なかったし、自分たちも少しプッシュできた。マシンは最初から順調だったが、サービスでデファレンシャルをわずかに変更したことでさらによくなり、それがタイムにも表れた。チームにとっては自分たちはここまでポジティブな位置につけている。もちろんまだ先は長いが、最初の2日間はうまくいったと思えるので、トラブルを避け切って少なくとも5位でフィニッシュを飾りたい」

■ガス・グリーンスミス/総合6位(=)

M-SPORT

「今日はソフトタイヤの方が理想的だった。グリップがもっと高ければもう少しハードにプッシュできた場所もあったと思うが、配分されたソフトタイヤの本数がとても少なかった。午前中のステージは、レッキの時とはまったく異なっていた。すごくウエットで霧だらけで、何も見えない場所もあったからね! 今日は日差しも明るく、速く走るためには理想的なコンディションだったが、レッキではこのコンディションで走れずペースノートは速く走れるほど正確ではなかったので、自分たちができる範囲で収めなくてはならなかった」

■ジョルダイン・セルデリディス/総合23位(↓)
「正直、今日はこれといっていいところはなかったが、ステージを走り切ってこの経験を楽しみ、道の上にい続けることができた。今日のステージは文句なしに素晴らしく、高速でリズムに乗れたし、ファンが応援してくれている光景は信じられないほどだった。今日はたくさん人が集まってくれた。順位としてはひとつ落ちたが、思い出に残る1日だった」

ヘルメットのペイントはじめました!