WRCギリシャ:シェイクダウンはトヨタのロバンペラがトップ。2-3-4とヒュンダイ勢が続く – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCギリシャ:シェイクダウンはトヨタのロバンペラがトップ。2-3-4とヒュンダイ勢が続く

©TOYOTA

WRC第9戦ギリシャは9日(木)のシェイクダウンを終えて、トヨタのカッレ・ロバンペラがトップタイムをマークしている。2番手にはヒュンダイのティエリー・ヌービル、3番手にはオィット・タナック、4番手にダニ・ソルドとヒュンダイ勢が続くかたちとなった。

シェイクダウンは、サービスパークの置かれるラミアから北に向かった丘陵のグラベルロードが舞台となった。一部ターマックセクションを含む4.25kmのステージで、タイミングによっては小雨が降るなかで走行が行われた。勝田貴元が不出走を決めたため、WRカーはMスポーツ・フォードからスポット参戦しているジョルダン・セルデリディスを含め10台。いずれも3回のアタックを行ってセッションをまとめている。

トップ4に続くのはトヨタのエルフィン・エバンスとセバスチャン・オジエ。その後ろにはMスポーツ・フォードのガス・グリーンスミスとアドリアン・フルモーという順だ。ヒュンダイのピエール‐ルイ・ルーベを挟んで10番手に入ったのはWRC2トップのマッズ・オストベルグ(シトロエン)。

ラリーは9日(木)の夕方、アテネの市街地ステージで幕を開ける。初日はSS1のみ、0.98kmでの戦い。日本時間10日(金)の0時08分スタート。

WRCギリシャ シェイクダウン暫定結果
1. K.ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)1/3 3:14.3
2. T.ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)3/3 +2.7
3. O.タナック(ヒュンダイi20クーペWRC)3/3 +3.2
4. D.ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)2/3 +4.0
5. E.エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)3/3 +6.0
6. S.オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)2/3 +6.4
7. G.グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)2/3 +7.8
8. A.フルモー(フォード・フィエスタWRC)3/3 +8.2
9. P.ルーベ(ヒュンダイi20クーペWRC)3/3 +10.3
10. M.オストベルグ(シトロエンC3ラリー2)2/2 +12.4
※各ドライバー名の後ろの数字は【ベストタイムをマークしたセッション/走行回数】

RALLY PLUS