映画『僕と彼女とラリーと』、9月25日に恵那市で特別先行上映会を実施 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

映画『僕と彼女とラリーと』、9月25日に恵那市で特別先行上映会を実施

©2021『僕と彼女とラリーと』製作委員会

本年10月1日に公開予定の映画『僕と彼女とラリーと』の特別先行上映会が、9月25日に恵那市にて行われる。特典として、出演者による特別映像の上映、ノベルティグッズのプレゼント、映画やWRCの展示も予定されている。

映画『僕と彼女とラリーと』は、愛知県豊田市・岐阜県恵那市を舞台として、ラリーのもつ魅力をストーリーに組み込み、夢にチャレンジする人々を描く。主演は森崎ウィン、ヒロインを深川麻衣が務める。

チケットは8月1日(日曜日)午後1時から販売開始。全席指定となり、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、マスク着用、来場前の検温などが求められる。

恵那市特別先行上映会 詳細
日時:令和3年9月25日(土)開場9:00/開演9:45/上映開始10:00
会場:恵那文化センター 大ホール
チケット料金(前売):一般1500円、大学生1300円、高校生以下1000円、シニア(60歳以上)1100円
チケット料金(当日):一般1800円、大学生1500円、高校生以下1100円、シニア(60歳以上)1200円
チケット販売開始日時:令和3年8月1日(日)13:00
チケット販売場所
・ウェブサイト販売:イープラス(https://eplus.jp/ena_jyoeikai/) 
・窓口販売:恵那文化センター、えなえーる、中野方振興事務所、ジョイセブン(会員制)
※当日券は9月25日(土曜日)9:00より恵那文化センター窓口で販売。

恵那ラリージャパン情報
https://rally-ena.jp/

<ストーリー>
早くに母と死に別れた主人公は、ラリーに打ち込む父の身勝手さが母の死を早めたと思い込み、大学入学と同時に東京に出た。俳優を目指しながらも漠然とした不満を感じるなか、突然の父の死の知らせが届く。久しぶりに故郷の豊田市に戻り、自然や地元の人々と触れ合う中で真の父の姿に気付き、自分の生き方を意識し始める。主人公の父はラリーで数々の栄誉に輝いたメカニック。自動車会社を退職して地元の町外れでガレージをはじめ、関係者の間では名の知れた存在。父が残したガレージで本当は父と一緒にラリーに関わりたかった自分に気付き、幼馴染に導かれ、このまちで夢をかなえようと決意する──。

主演を森崎ウィン、ヒロインを深川麻衣が務めることはすでに明らかになっていたが、今回のタイミングでは西村まさ彦、竹内力、佐藤隆太ら、その他のキャストも発表。公式ウェブサイトでは、新たに本予告が公開されている。

『僕と彼女とラリーと』公式ウェブサイト
bokukano-rally.com

映画『僕と彼女とラリーと 』本予告 【10月1日公開】

RALLY PLUS