Mスポーツ・フォードのミルナー代表「2022年ラインナップの確定は急がない」 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

Mスポーツ・フォードのミルナー代表「2022年ラインナップの確定は急がない」

©M-SPORT

Mスポーツ・フォードのチーム代表、リチャード・ミルナーは、2022年のドライバー確定は急がないと語り、今季から変更がない場合もあり得るとも付け加えた。

Mスポーツ・フォードはライバルチームに先駆け、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでフォード・プーマ・ラリー1の走行を公開した。このグッドウッドでは、現在WRCとWRC2に参戦するアドリアン・フルモーと開発ドライバーのマシュー・ウィルソンがステアリングを握った。しかし、ハイブリッド時代に突入する来季のドライバーについては、まだ言及しないままとなっている。

「まだ選択肢はいくつかあると考えている」とミルナー。
「我々としてはまだ急ぐ必要はない。周囲はシートはまだたくさん残されていると簡単に考えがちだが、ドライバーの方もまだたくさん残っている」

「可能性のあるドライバーひとりひとりと話はしていないと言えば嘘になるが、極端な話、現在のガス(グリーンスミス)、アドリアン、テーム(スニネン)はみんないいポテンシャルがあるし、今のままで継続することになっても残念とは思わない」

ミルナーは、今年チームが見せているペースを頼もしく感じていると語り、特にサファリラリー・ケニアでは、グリーンスミスとフルモーが4位、5位でフィニッシュしたことを挙げた。

「自分たちはまだコンペティティブに戦えるということを見せている」とミルナー。
「どのラリーでも優勝を目指して100%プッシュできてはいないかもしれないが、サファリやクロアチアのようなラリーではコンペティティブであることを示した。メディアがサファリでのアドリアンを重点的に取り上げていることは分かっているが、ガスも彼を上まわるSSタイムを出している。このふたりは同じペースでドライビングしていると言えると思うよ」

「来季に関しては前にも言ったように急ぐ必要はないが、もちろん、遅れるよりは早めに決めたいと思っている。そうすれば、ドライバーたちが、2022年に向けて新しいマシンをテストする機会が増えるし、新しい規定にも慣れることができるからね」

「同じマシンを使っていた昨年よりはもう少しプッシュしていくが、まだ何も発表する立場にない」

RALLY CARS