山野哲也、聖火ランナーの大役果たす – RALLYPLUS.NET ラリープラス

山野哲也、聖火ランナーの大役果たす

©Jun Uruno

7月5日(月)、全日本ジムカーナ選手権JG7クラスで3連勝中の山野哲也が、東京2020オリンピック聖火リレーのランナーを務めた。

山野は茨城県常総市の「水海道あすなろの里」を走る第2区間の最終走者として登場。距離は約200mだが、コース後半には応援する人の列ができ、全日本ジムカーナ選手会が作成した横断幕も掲げられた。この横断幕は2枚用意され、いずれも選手やファンからの応援メッセージが書き込まれている。山野は聖火トーチを持ちながらファンの前で華麗な360度ターンを決め、フィニッシュ。アスリートのひとりとして、大役を果たした。

公式インタビューにおいて山野は「もっと走りたかったと思うくらい楽しかったです。近隣の方々を含めてたくさんの方から応援を受け、とても気持ち良く走ることができました。声援を含めてとても熱く、気持ちの良い時間でした」と語っている。

当日の様子は、NHKの東京2020オリンピック聖火リレーライブストリーミングサイトで見ることができる。
https://sports.nhk.or.jp/olympic/torch/

Jun Uruno

ヘルメットのペイントはじめました!