【速報】全日本ラリーカムイ:勝田範彦が新井敏弘を0.7秒差で破りGRヤリスで初優勝 – RALLYPLUS.NET ラリープラス

【速報】全日本ラリーカムイ:勝田範彦が新井敏弘を0.7秒差で破りGRヤリスで初優勝

©RALLY PLUS

2021年シーズン全日本ラリー選手権第7戦「2021 ARKラリー・カムイ」最終日が、7月4日(日曜日)に6カ所のスペシャルステージを舞台に開催された。初日2番手の勝田範彦/木村裕介(トヨタGRヤリス)が、新井敏弘/田中直哉スバルWRX STI)に0.7秒差をつけて、移籍後初勝利を飾った。32.9秒差の3位には鎌田卓麻/松本優一(スバル)が入っている。

この日のオープニングとなったSS7でベストタイムをマークした勝田が、鎌田を捉えて首位に浮上。続くSS8、SS9は新井が連続ベストを並べ、トップの座を奪取する。サービスを挟んだ午後のセクション、SS10は勝田と新井が同タイム。しかし、勝田はSS11のベストで新井を0.5秒上まわって首位を獲り返すと、最終のSS12でも新井を0.2秒凌ぐ連続ベストをたたき出し、わずか0.7秒差でフィニッシュした。

勝田はトヨタ・ガズーレーシング移籍後初、そしてトヨタGRヤリスでの初勝利を手にした。
「ありがとうございます。ひとつのミスも許されないギリギリのバトルのなかで、僕自身もいくつかミスしてしまいました。新井選手もミスがあったようで、結果的にそれに助けられたかたちでもありました。今後に向けてとても良いデータも持ち帰れたと思います」と、笑顔を弾けさせた。

一方、わずか0.7秒差で敗れた新井は「あれだけ攻めて負けたら、仕方がないです。今日はトラブルもありませんでしたし、今回は勝田選手が速かったです。GRヤリスは初のグラベルラリーでしたが、潜在能力を感じました。これは驚異ですね。ただ、WRXもまだ伸びしろがあると思うので、さらに進化を目指していきたいと思います」と、勝田を称えた。

初日首位による先頭スタートで砂利掃除を強いられ、ペースが上がらなかった鎌田は3位。「先頭スタートということで浮き砂利は覚悟していたんですが、思いのほかタイムロスが大きかったです。それほど悪くないフィーリングであっても、タイムではかなり負けてしまっていました」と、鎌田は肩を落としている。

3分8秒4差の4位は、自身全日本最高位を更新した眞貝知志/安藤裕一(トヨタ)。トラブルもあり、前日からひとつ順位を下げた福永修/齊田美早子(シュコダ・ファビアR5)は5位に終わっている。



ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!