WRCクロアチア:ヒュンダイは今季初ターマックにヌービル、タナック、ブリーンの布陣で挑む – RALLYPLUS.NET ラリープラス

WRCクロアチア:ヒュンダイは今季初ターマックにヌービル、タナック、ブリーンの布陣で挑む

©HYUNDAI

今週開催されるWRC第3戦クロアチアラリーに、ヒュンダイはティエリー・ヌービル、オィット・タナックに加え、クレイグ・ブリーンをドライバーに起用する。ブリーンにとって、ヒュンダイi20クーペWRCでWRCのターマックラリーに参戦するのは、これが初めてとなる。

フィンランドではタナックが優勝、ヌービルが3位とダブルポディウムを決め、マニュファクチャラーズ選手権では、トヨタとの差を11ポイントに詰めてきたヒュンダイ。この勢いをさらに高めるため、先週イタリアで開催されたターマックのサンレモラリーにヌービル、タナックをWRカー、ブリーンをR5で参戦させている。

ヌービルは今季から急遽コ・ドライバーとして組むことになったマルティン・ウィダグとの開幕2戦を、いずれも3位フィニッシュでまとめてきており、ドライバーズ選手権では首位に立つトヨタのカッレ・ロバンペラに4ポイント差の2番手につけている。今季初ターマックのクロアチアでも、連続ポディウムを狙う構えだ。

HYUNDAI

「ターマックイベントは、いつも楽しみにしている」とヌービル。
「今回は、みんなにとって新しいイベントで、これまでにクロアチアに参戦したことのあるライバルはいない。チームとしても、ここのステージの経験がない。チャレンジングなイベントになるが、新しいことに挑戦するのは、みんな大好きだと思う。自分たちにとって初めてのクロアチアラリーなので、現地に入り次第、できる限り早く準備を整えるために、必死に取り組まなくてはならないことがたくさんあるからね」

一方、開幕戦は苦しい出だしとなったが、第2戦のアークティック・ラリーフィンランドでは見事な優勝を飾って挽回を果たしたタナックも、ターマックでも好パフォーマンスを披露する意欲を高めている。

HYUNDAI

「クロアチアには行ったことがなかったし動画も見たことがなかったので、今のところはすべての情報が自分にとって新しいものだ」とタナック。
「充実したイベントになることを願っているよ。あそこの道は、とても楽しいと聞いている。今季のWRCはターマック戦の方が少ないようなので、この路面で強さを見せなくてはならない。最初からペースをつかんで、アークティックでのポジティブな流れを続けていくことを目指す」

クロアチアでは今季2度目のWRC参戦を迎えるブリーン。前戦フィンランドでは4位に食い込んでいるが、クロアチアでは新規イベントを学ぶことを目指す。

HYUNDAI

「クロアチアは今季初のターマック戦で、みんなにとって新しいイベント。正直、このラリーの情報を得るのはかなり難しかったが、興味深いイベントのようだ」とブリーン。
「天気がよくて、山岳ステージがいい感じであることを願うよ。ヒュンダイi20 クーペWRCで本格ターマックラリーのWRCを走るのは初めてなので、ものすごく楽しみにしている。いいイベントになるはずだよ」

ラリプラくんLINEスタンプ発売中!!